川崎区小川町の個性あふれる飲食店47店を食べ歩き、飲み歩き「第3回川崎・小川町バル」2012年4月23日(月)&24日(火)開催

@Press / 2012年3月29日 9時30分

 『ラ チッタデッラ』のある川崎市川崎区小川町の魅力をもっと大勢に知っていただくことを目的に、地域の飲食店が協力し合って昨年6月と11月に実施致しました「川崎・小川町バル」は、それぞれ約1,000人の参加者を集め、予想以上の大盛況となりました。
 その後参加者の多くや、噂を聞きつけた沢山の方々からの、次回開催を望む声は後を絶たず、内容をさらに充実させて、いよいよ第3回を4月23日(月)&24日(火)に開催することに致しました

 この催しは、JR川崎駅前に位置し商業と住宅とが混在する歴史ある町、川崎区小川町のエリア全体の飲食店が連携し、お客様に同エリア内の幾つものお店を梯子して楽しんでいただき、町全体の魅力を知っていただこうというイベントです。

 イベントタイトルになっている“バル”とは、英語でバー(BAR)を意味するスペイン語ですが、スペインではそこでおつまみ程度の料理を楽しみながら、いくつかのバルを飲み歩く風習があるそうです。そんな風習をヒントに2004年函館市のある飲食店が、周囲の同業者たちに声をかけ、お客さんに参加各店を梯子して楽しんでいただくイベントを企画したところ大変好評で話題となり、全国の商店街や商業地域で同様の企画が実施されるようになりました。「川崎・小川町バル」もその流れを汲んだ企画です。

 今回参加するのは、ラ チッタデッラの飲食店の他、チネチッタ通り沿いやそこから脇に入る路地裏などに軒を並べる和洋中の個性あふれる飲食店47店舗(過去最多)。それらを楽しむお客さんは、事前に5枚綴りの飲食チケット(前売り¥3,500)を購入し、参加各店で1枚を渡すとお店からは、予め用意されたドリンク一杯と料理一品のセットがサービスされるというルールです。1店舗で1枚のチケットしか使えませんので、全部使い切るには、いくつものお店を梯子することになります。これなら、気になっていたけれど入りづらかったお店も気軽に体験でき、また新たなお気に入りのお店を発見することも期待できます。さらに、参加店の多くは、この催しを宣伝と割り切って、採算度外視でメニューを決めますので、その分お客様にとってはとってもお得です。

 3回目の今回は、これまでなかった焼肉店など、新規参加3店も加わり、更に魅力が増しています。是非、沢山の方々に梯子酒を楽しんで、小川町の魅力を知っていただきたいと思います。

【イベント開催概要】
イベント名:川崎・小川町バル
開催日時 :2012年4月23日(月)、24日(火) 17:00~
※参加店舗によって営業時間は異なります

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング