グローバル企業向け、世界でビジネス展開を拡大・加速する際のポイント紹介『グローバル情報管理セミナー』を開催

@Press / 2012年3月30日 10時30分

 グローバル情報管理ソリューションのリーディングプロバイダであるSDL(LSE:SDL)は、グローバル大企業の経営者およびグローバル戦略責任者を対象に、世界でビジネス展開を拡大・加速する際のキーポイントとなる『グローバル情報管理セミナー』を、2012年4月18日(水)に駐日英国大使館で開催いたします。


■『グローバル情報管理セミナー』概要
 国内市場が縮小するなか、新興国マーケットの拡大は日本企業にとってビジネス拡大の大きな機会となっている一方、現地における自社ブランドの確立には様々な問題が山積しています。
 『グローバル情報管理セミナー』では、グローバル展開を行う際に、各国のローカル事情に即した展開を行えること、すなわちグローカルな経営戦略の手法を「グローバル情報管理」という観点からご紹介します。セミナー後には懇親会も設け、講演者やご来場者様同士の名刺交換や情報交換の場もご提供します。

【セミナーのキーポイント】
・基調講演  :
 「日本企業がグローバル市場で競争に勝ち抜くために」
  スウィングバイ2020株式会社 代表取締役社長 海野 惠一氏(元アクセンチュア代表取締役)
・特別講演  :
 「技術文書コンテンツの構造化で業務革新 ~グローバル展開を加速~」(事例紹介)
  横河電機株式会社 システム事業部 ドキュメント開発グループ 針ヶ谷 佳史氏
・懇親会   :講演者やご来場者様同士の名刺交換や情報交換の場をご提供
・デモコーナー:ご来場者様向けに、SDL製品・サービスをご紹介


■開催概要
1.開催日: 2012年4月18日(水) 午後1時30分~5時30分(受付開始 午後1時)

2.会場 : 駐日英国大使館「ニューホール」
      〒102-8381 東京都千代田区一番町1
      http://www.sdl.com/jp/sites/gim2012_jp/venue.asp

3.主催 : SDLジャパン株式会社

4.参加対象者:経営責任者、海外事業責任者、世界規模でビジネスを展開している企業や、外資系日本法人のローカリゼーション責任者、技術文書、ドキュメント(文書)管理システム、翻訳管理システム、Webコンテンツ管理システム(多言語化)などに興味のある責任者の方

5.定員 : 70名
(完全事前登録制。定員に達し次第締め切りとさせていただきます。ただし、定員を超えるお申込みをいただいた場合は抽選とさせていただきます。個人または同業者や代理店様をお断りさせていただくことがありますので、予めご了承ください。)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング