日経BPコンサルティング調べ ― 「ブランド・ジャパン2012」の結果を3月30日リリース ―

@Press / 2012年3月30日 15時0分

表1
 株式会社日経BPコンサルティング(本社:東京都港区、代表取締役社長:戸田 雅博)は、今年で12年目を迎える日本最大のブランド評価調査プロジェクト「ブランド・ジャパン2012」の結果をまとめ、本日(2012年3月30日)、調査結果報告書を発行・発売する。来る4月20日には、東京コンファレンスセンター・品川にて「ブランド・ジャパン 発行12周年記念ブランドセミナー」を開催する。
 本調査では、一般消費者とビジネス・パーソンへのアンケート調査から、企業や商品延べ1,500のブランド力を評価した。調査は2011年11月に実施し、回答者は約5万2,000人だった。


 BtoC編のブランド総合力ランキングでは、90.5ポイントを獲得したAppleが初の首位に。
 「革新性」と「卓越性」に磨きがかかるとともに、iPad、iPod、iPhoneの商品ブランド力の強さも光った。BtoB編では、2年ぶりにトヨタ自動車が首位を獲得。震災後の復興支援活動が評価され、ヤマト運輸やソフトバンク、オリエンタルランドなどのブランド総合力が上昇した。


≪BtoC編:Appleが初の首位、「イノベーティブ(革新性)」
「アウトスタンディング(卓越性)」因子のポイントが突出≫

 今回の結果の特徴は、「外資系ネット・デジタル関連ブランド力の上昇」と「企業の震災復興活動によるブランド力の強化」である。BtoC編のブランド総合力ランキングでは、Appleが本調査12年目で初の首位となった(表1: http://www.atpress.ne.jp/releases/26421/a_1.jpg )。2010の第40位、2011の第11位から、今回は一気に首位へと駆け上がった。
 続く第2位には、Appleと僅か1.5ポイントの差で、前回首位のGoogleが入った。AppleとGoogle、両ブランドを比較すると、「フレンドリー(親しみ)」と「コンビニエント(便利)」では、Googleのポイントが高く、より身近な存在であるのに対し、「アウトスタンディング」と「イノベーティブ」では、Appleに軍配が上がる。
 一方で、「イノベーティブ」ポイントの高さが際立っている点は両ブランドに共通する(図1: http://www.atpress.ne.jp/releases/26421/b_2.jpg )。「新時代を切りひらき、皆が注目する革新的なブランド」の第1位と第2位が、ブランド総合力でも高順位を獲得した形だ。特に、Appleは、2012年3月に3代目となる新型のiPadを発売した。「目に見えて革命的」というキャッチコピーの通り、たちまち話題となった。イノベーティブの手綱を緩めないAppleの攻勢は、まだ続きそうだ。そして、創始者であるスティーブ・ジョブズ氏が、2011年10月に死去されたことがメディアに大きく取り上げられたことは、イノベーティブ因子構成要素の一つである「注目度」向上に影響を与えたと思われる。
 この2ブランドのもう一つの共通点は、企業ブランドだけでなく商品・サービスブランドも強い点だ。iPadが第90位から第15位に、iPodが第50位から第18位に、そしてiPhoneが第73位から第38位に大きくランクアップし、Appleの主力3商品がすべてトップ50位内に入った。Googleは、YouTubeが第4位となった。YouTubeは、「フレンドリー」のポイントが前回に比べて、10ポイント以上上昇。両ブランドの動きは、商品・サービスでの企業理念の体現が、企業ブランド力を向上させるという一つの成功パターンを示す好例だ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング