野村證券が動画サイト『野村スタジオ』で相場をナビゲート、配信システムに「Brightcove Video Cloud」を採用

@Press / 2012年4月3日 11時0分

スマートフォンでの『野村スタジオ』動画閲覧イメージ
ブライトコーブ株式会社(所在地:東京都渋谷区、CEO兼代表取締役社長:橋本 久茂、以下 ブライトコーブ)は、野村證券株式会社(本社:東京都中央区、執行役社長:永井 浩二、以下 野村證券)が運営する動画サイト『野村スタジオ』( http://www.nomura.co.jp/nomurastudio/ )に、オンライン動画プラットフォームBrightcove (NASDAQ: BCOV) Video Cloud(以下「Video Cloud」)が採用されましたことをお知らせいたします。


■動画はスマートフォン対応の重要コンテンツ
野村證券は、お客様へのリーチを向上するために、以前よりウェブサイトで投資に関するセミナー動画などを公開し、サービスのプロモーションに活用してきました。しかし、iOSデバイスやAndroidなどのスマートフォン、タブレットの普及に伴ってPC以外からアクセスされるお客様も増え、投資情報の拡充に必須と考えていた動画コンテンツも、それらのデバイスへの対応が必要でした。
その課題をブライトコーブの「Video Cloud」が解決しました。「Video Cloud」は動画ファイルをアップロード時に自動的にエンコーディングし、マルチデバイスに対応させることができます。また、動画やFlashの専門知識がない担当者であっても、プレーヤの作成や動画コンテンツのアップロードなど、配信コンテンツを簡単に管理することが可能です。


■「Video Cloud」でマルチデバイス対応が簡単に
「お取引をされているお客様はネットで情報を得ている方が多く、新しいツールへの抵抗も少ないようです。いつでもどこでも見られ、取引もできるスマートフォンやタブレットを使用される方が増えましたので、マルチデバイス対応は必須でした。「Video Cloud」を使えばデバイスごとに動画を準備する手間が解消されるので、定期的な投資情報の配信が簡単にできるようになりました。」(野村證券 ネット&コール部 南條 孝幸氏)

野村證券では、スマートフォンサイトを閲覧するための専用アプリケーションをiPhoneおよびAndroid向けに提供しており、スマートフォンサイトのすべての機能を利用できるほか、相場解説の動画レポートが無料で見られるようになっています。これらの動画も「Video Cloud」から配信されています。

現在『野村スタジオ』のコンテンツは毎週更新されていますが、今後も動画コンテンツの強化を図っていく予定です。


■『野村スタジオ』
URL: http://www.nomura.co.jp/nomurastudio/

スマートフォンでの『野村スタジオ』動画閲覧イメージ
http://www.atpress.ne.jp/releases/26431/a_1.jpg

<ブライトコーブについて>
ブライトコーブはクラウド コンテンツ サービス会社で、世界の専門的なデジタル メディアの公開と配信に使用する製品ファミリを提供しています。製品には、市場をリードするオンライン動画プラットフォームのBrightcove Video Cloud、コンテンツ アプリ プラットフォームの草分け的存在であるBrightcove App Cloudがあります。これらを合わせると、50か国に及ぶ3,800以上の顧客がブライトコーブのクラウド コンテンツ サービスを利用し、PC、スマートフォン、タブレット、そしてコネクティッド TVにおいて非常に優れたメディア エクスペリエンスを構築し運営しています。
※Video Cloudは1か月間無料でお試しいただけます。ご希望の方は、以下よりお申し込みください。
http://www.brightcove.com/ja/trial/


<ブライトコーブ株式会社 会社概要>
社名(商号): ブライトコーブ株式会社(英文名 Brightcove KK)
設立   : 2008年6月
代表者  : CEO兼代表取締役社長 橋本 久茂
本社   : 〒150-0022
       東京都渋谷区恵比寿南3-1-19 恵比寿ライトビル2F
Tel    : 03-6303-2985
Fax    : 03-6303-2986
URL    : http://www.brightcove.com/ja/
事業内容 : (1)動画配信プラットフォーム提供サービス
       (2)動画配信の運用コンサルティング及びサポート業務


本プレスリリースは、予測される目標、成長、製品やサービスの開発あるいは強化の予定など、将来の見通しに関する記述を含んでいます。そうした将来の見通しに関する記述は(特に)、「考えます」、「期待します」、「可能性があります」、「するつもりです」、「計画します」、「はずです」、「予測します」、その他、これらと同様の表現およびそれらの否定語を使って表記されていることにより識別することができます。これらの将来の見通しに関する記述は保証ではなく、リスクや不確定要素により、本文書に述べられている予測と大きく異なる実際の結果を発生する可能性があります。このようなリスクや不確実性に関する論考については、2012年2月16日に証券取引委員会により有効と宣言されたForm S-1(登録No.333-176444)よりブライトコーブの登録届出書にある「リスク要因」をご参照ください。ブライトコーブは、状況変化の有無にかかわらず、本プレスリリースに含まれる将来の見通しに関する記述を更新する義務を負うものではなく、そのような記述は発行された日付現在のものです。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング