― YAMAZENオリジナル扇風機2012年新商品 ― DCモーター搭載で最小消費電力4W!超省エネ!『DCファン・シリーズ』を新発売

@Press / 2012年4月2日 13時0分

YLX-AD30(B)-2
株式会社山善(本社:大阪市西区/代表取締役社長:吉居 亨)/家庭機器事業部(事業部長:麻生 太一/以下、「当社」)では、4月10日より、今シーズンの扇風機の新しいラインナップとして、省エネ性とデザイン性をさらに追求したDCモーター(※注1)搭載の『DCファン・シリーズ(2モデル)』を新発売します。

当社では、フロア扇、リビング扇、クリップ扇、サーキュレーター、ボックス扇などの各種扇風機類を販売しておりますが、昨年は東日本大震災以来の節電志向の高まりから、かつてないほど扇風機の利用が急増しました。実際、エアコンを使わず扇風機を使用すると約50%の節電、またエアコンと併用してエアコンの設定温度を調節(冬場は2℃下げて夏場は2℃上げる)すれば、約10%の節電効果があるとされています。(※注2)

こういった中、今年の夏も電力不足や料金値上げを背景に、昨年以上の節電が叫ばれており、家庭だけにとどまらず、オフィスや様々なシーンでの省エネ需要が増加すると見込まれています。『DCファン・シリーズ』は、こういった今までにないTPO需要に対応する新しい扇風機として開発を進めてきたものです。

(※注1)DCモーター(直流モーター)は、従来のACモーター(交流モーター)よりも少ない電力で回転させることができ、速度制御・出力制御がしやすく省エネとなります。
(※注2)参照:資源エネルギー庁「家庭の節電対策メニュー」
    http://www.meti.go.jp/setsuden/20110513taisaku/03.pdf


■ DCファン・シリーズ(2012年度新商品)について
(1)『DC30cmリビング扇風機 YLX-AD30』

●DCモーター採用により、消費電力は4W(弱)~22W(強)と微弱。1ヶ月の電気代換算では約22~115円と、ACモーター搭載の従来品に比べて約80%のダウンとなります。(※注3)

●羽根中央部の直径を約22%(90mm→70mm)、ガード中央部の直径を約35%従来の製品より小さくし、さらに副翼(羽根)を付けることで、風ムラを抑え、風速・風量がアップしました。

●「切・入予約ダブルタイマー/ワイヤレスフルリモコン/リモコン首振操作/6時間自動OFFタイマー/風量8段階調節/リズム風」といった当社扇風機の定番機能もフル装備しています。

(※注3)弱運転~強運転時の電気代(1日8時間使用/社団法人 全国家庭電気製品 公正取引協議会の新電力料金目安単価に基づきます)。当社従来品(YLX-WF301)との比較。電気料金は1kWhあたり22円として算出した目安料金です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング