ミシュラン二つ星・4年連続受賞の老舗フレンチレストラン「THE CRESCENT」糖尿病のお客様でも食事を楽しめる「クレッセント・低糖質メニュー」をご用意

@Press / 2012年4月5日 12時0分

ダイニングスペース
1957年創業の老舗フレンチレストラン「THE CRESCENT(「クレッセント」、所在地:東京都港区、料理長:磯谷 卓、支配人:畑山 正治)」は、糖尿病患者の方やメタボの方、その予備軍の方にも食事を楽しんでいただくために、「クレッセント・低糖質メニュー」を3月1日(木)よりご用意いたしました。


■低糖質かつ美味しいオリジナルメニューをご用意 ~ ご提供の背景 ~
40歳以上の日本人では、糖尿病などの血糖異常者は3人に1人、メタボおよびメタボ予備軍は2人に1人と言われており、多くの方が悩んでいます。
医学的に糖尿病に対する食事療法として証明されているのは、カロリー制限と糖質制限のみで、その中で「糖質25~40gの食事」の低糖質食は、食後の血糖上昇を抑制して糖尿病患者に劇的な改善をもたらす画期的な食事法として注目されています。
また、低糖質食は満腹になるまで食べても、カロリー制限食と同等(あるいはそれ以上)のダイエット効果や血糖改善効果を発揮でき、メタボ体型の方の食事としても適切であることが臨床研究によって証明されております。

その学説に基づき、北里研究所病院 山田 悟先生(糖尿病センター センター長)のご協力の下、クレッセントの味そのままに、低糖質かつ美味しいオリジナルメニューが完成いたしました。ぜひ「クレッセント・低糖質メニュー」で、食事の喜びを満喫してください。


[メニュー概要]
メニュー名: クレッセント・低糖質メニュー
価格   : 21,000円(税込・サービス料別)
日程   : 2012年3月1日(木)より
ご予約  : 2日前までにお願いします。
糖質量  : 35.2g
       ※クレッセントで焼き上げたパン2個(糖質料15g)含む
       ※糖質量の数値は、北里研究所病院 糖尿病センター調べ

メニュー:
□ たいら貝とトリュフのマリアージュ
□ ブルターニュ産オマール海老のサラダ仕立て
□ 短角牛のコンソメスープ
□ 白身魚のポワレとEXVオリーブオイルのエミュリション
□ 黒毛和牛ヒレ肉の備長炭グリル(一例として)
□ チョコレートのスフレとバニラアイスクリーム
□ プティポー各種と食後のお飲み物

その他:
※ 上記のメニューにより低血糖を起こす場合がございますので、ご予約の際は、低血糖対策の有無をお伺いいたします。
※ 苦手な食材や調理法等がございましたら、ご予約の際に申し付けください。
※ 当日の仕入れにより、内容を一部変更する場合がございますので、ご了承ください。


■フレンチレストラン「THE CRESCENT」について
1957年、芝の豊かな森を臨むこの地に誕生した「クレッセント」。
後期ヴィクトリア朝時代の格調高い建築様式で設えた英国風煉瓦造の洋館「THE CRESCENT HOUSE」。
ここで迎えるゆったりとした寛ぎの時間は、歴史と伝統を継承するものだけに許された、最高の贅。選び抜かれた一級の食材を、本物へのこだわりと技で仕上げた、美味なるフランス料理の王道。大切な方と過ごす、特別な時間のために、心を尽くした最上級のおもてなしでお迎えいたします。
またインターネットで会員登録することにより、オンライン予約が行なえ、季節限定メニューなどの最新情報が入手できます。
「クレッセント」で、至福のひと時を、どうぞお楽しみください。


■会社概要
会社名 : サンクレッセント株式会社
代表者名: 代表取締役 富田 岑子
設立  : 1996年7月
所在地 : 〒105-0011 東京都港区芝公園1-8-20 クレッセントハウス
業務内容: 飲食業(フランス料理)
URL   : http://www.restaurantcrescent.com/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

クレッセント外観たいら貝とトリュフのマリアージュ

@Press

トピックスRSS

ランキング