新しいデジタル会員サービス「読売プレミアム」を5月14日より提供開始

@Press / 2012年4月10日 10時0分

読売プレミアム・トップ画面
 読売新聞社(以下、当社)は5月14日から、読売新聞購読者向けの新しいデジタル会員サービス「読売プレミアム」をスタートさせます。
 スマートフォン向けのニュース配信を中心に様々な特典が受けられるサービスで、新聞購読料プラス月額会費157円(税込み)で楽しめます。
 2012年10月31日まで会費無料キャンペーンを実施します。


<読売プレミアムの特長>
■豊富な記事・最新の技術
 読売プレミアムには、当社ウェブサイト「ヨミウリ・オンライン(YOL)」では配信していない読売新聞掲載の解説記事やコラム、特集・連載記事を多数収録します。全国の地域ニュースの記事本数をYOLより大幅に増やすほか、朝刊に毎日掲載している「スキャナー」などの解説記事やコラムも充実させます。「一括記事取得」機能を使えば、通信ができない場所でも記事を読むことができます。過去1年分の記事を何回でも探せる「記事検索」、記事を1,000件まで保存できる「スクラップブック」なども提供します。
 スマートフォンのサイトは、HTML5を使った「Webアプリケーション」で構築し、iPhoneやAndroidの標準ブラウザーで利用できるようにしました。また、パソコンやタブレット端末での利用も可能です。

■充実の利用者特典サービス
 読売プレミアムでは、ニュース配信だけでなく、利用者を対象にした様々な特典サービスを提供します。読売プレミアムの「特別会員証」をスマートフォンの画面で提示すれば、「富士急ハイランド」や「よみうりランド」など全国の提携レジャー施設や、当社主催の展覧会など指定イベントで、入場料の割引サービスが受けられます。これまで当社の会員制サイト「ヨリモ」で提供してきた会員限定のコンサートやイベントのチケット優先販売、プレゼント企画なども随時実施します。

■月額157円・10月末まで無料
 料金は新聞購読料プラス月額会費157円(税込み)です。お試し期間として2012年10月31日までは会費無料で利用できます。11月以降に申し込みをした場合でも初月は無料です。お支払い方法は、各種クレジットカードのほか、NTTドコモの「ドコモ ケータイ払い」、KDDIの「auかんたん決済」に対応しています。現在、読売新聞を購読されていない方でも、申込みの際に、新聞購読も合わせて申込んでいただくことで、ご利用できます。


※ 読売プレミアムは読売新聞購読者を対象としたサービスです。利用希望者のお近くの読売新聞販売店(YC)が購読状況を確認します。
※ iPhoneは、米国Apple, Inc.の登録商標です。
※ 「Android」は、Google Inc.の商標または登録商標です。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

読売プレミアム・ロゴ

@Press

トピックスRSS

ランキング