新作ミュージカル『神戸 はばたきの坂』公演のお知らせ

@Press / 2012年4月11日 12時0分

この度、2012年4月28日(土)~5月4日(金・祝) 兵庫:兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール、2012年5月6日(日) 東京:新宿文化センター 大ホールにて、新作ミュージカル『神戸 はばたきの坂』を上演することが決定致しました。
本作は、新天地を求めブラジルへ移住する人達が祖国最後の1週間を過ごした、神戸にある実際の場所「旧国立神戸移民収容所」(現・海外移住と文化の交流センター)を舞台にしたオリジナルミュージカルです。この歴史的事実が舞台化されたのは今回が初となります。

多くの舞台戯曲を手掛け、「第4回小田島雄志・翻訳戯曲賞」を獲得している高橋知伽江が執筆、東宝ミュージカルや宝塚歌劇団公演でも常に精度の高い作品を演出して日本のミュージカル界を牽引し、自身が主宰するTSミュージカルファンデーション制作でオリジナルミュージカルも発信し続けている謝珠栄が振付・演出を手掛けます。そして、是枝裕和監督の映像作品や、蜷川幸雄演出の舞台作品などでも音楽を手掛けている笠松泰洋が作曲を担当致します。

キャストは、ミュージカル界で定評のある坂元健児、彩乃かなみ、宮川浩、戸井勝海、萬あきら、照井裕隆、土居裕子、剣幸など実力派俳優陣が結集。また今回、28名のアンサンブル出演者を昨夏オーディションで選抜、11年12月から熱い稽古を断続的に行い、本公演に出演致します。

日本ミュージカル界屈指のキャスト・スタッフが贈る、ミュージカルの醍醐味と人間ドラマを堪能できる熱き感動のオリジナルミュージカルが誕生します。


◆ 物語 ◆

舞台は神戸
日本人としての誇りを胸に新天地へ渡った人々の物語

昭和5年、世界大恐慌の翌年、ブラジルへの移住希望者が日本中から神戸に集まって来た。
見知らぬ同士が一つ屋根の下で過ごす約1週間。故郷を離れた事情や家族の秘密が明るみに出て、涙と笑いの中で新たな友情が結ばれ、ほのかな恋心も芽生え・・・。
そして迎える旅立ちの朝、彼らは新しい人生を求めて船に乗る。
日本人の誇りを胸に!

『神戸 はばたきの坂』は、希望と不安が交錯する移住者たちの人間ドラマが刻まれたこの「移民収容所」を舞台に、移住者たちが日本で過ごした最後の1週間を描きます。


◆ スタッフ&キャスト ◆

作       高橋知伽江
演出・振付   謝珠栄
作曲・音楽監督 笠松泰洋

美術:池田ともゆき 音響:山中洋一 照明:小川修 衣裳:西原梨恵 舞台監督:浅沼宣夫
テクニカルコーディネーション:関谷潔司 プロデュース:栗原喜美子

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング