アウトドアレジャーの季節到来!初心者、女性・子どもでも楽しめる、手軽でグルメな「海上釣り堀」専用釣りエサ『釣堀職人』シリーズのご紹介

@Press / 2012年4月12日 14時0分

マダイイエロー
 アウトドアレジャーの季節が到来しました。マルキユー株式会社(本社:埼玉県桶川市、代表取締役社長:宮澤 政信)は、手軽に楽しめるグルメなレジャーのひとつとして近年人気が高まっている「海上釣り堀」専用の釣りエサ、『釣堀職人』シリーズを販売しています。

海上釣り堀専用釣りエサ「釣堀職人」シリーズwebサイト
http://www.marukyu.com/marukyu/spot/tsuriborishokunin.html


【海上釣り堀とは】
 岸壁や筏などを利用し、海上に網で仕切って作られた生け簀に泳ぐ魚を狙う釣り堀です。対象となる魚はマダイやハマチなどが一般的ですが、クエやマハタなどの高級魚も目玉として放流しているところもあります。
 入場料を払えば、あとは釣り放題というシステムのところが多く、釣り人のウデ次第でいくらでも魚が持ち帰れるというゲーム的な要素に醍醐味があります。
 磯などでの海釣りに比べると足場もよく、女性が気になるトイレももちろん完備。釣り具やライフジャケットの貸し出しも行っているところがほとんどで、初心者が手ぶらで行っても釣りができるよう、サービスが充実しています。釣った魚を美味しく持ち帰るために、クーラーボックスの販売や魚捌きサービスを提供している海上釣り堀もあります。
 手軽に、しかも大物が釣れるということで、初心者はもちろん、多くの女性・子どもも楽しんでいます。釣り未経験者だけで訪れたとしても、各釣り堀にはアドバイスしてくれるスタッフがおり、釣り方を丁寧に教えてくれるので心配はいりません。
 安全にアウトドアレジャーが楽しめるうえに、釣りたての新鮮な魚がお土産になるところが大きな魅力の海上釣り堀。これから季節のレジャースポットとしてお勧めです。

「海上釣り堀」参考webサイト
http://www.sakanaturi.jp/index.html


【商品開発の経緯】
 「釣堀職人」は近年その数も増え、専門のガイドブックも発刊されるなど、ますます人気が高まっています。初心者や女性・子どもでも手軽に楽しめますが、「たくさん魚が泳いでいるのに、なぜだかアタリがもらえない」といった不満の声も多く聞かれます。
 そこで、そのような状況を打破するために誕生したのが「釣堀職人」シリーズです。ターゲットである養殖魚ならではの習性を、じっくり研究することから開発をスタート。そのうえで、原材料選びから徹底的にこだわり、渋い状況下での実釣テストを重ねて完成しました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング