名古屋商科大学、日本初の災害時安否確認が可能な大学公式iPhoneアプリをリリース

@Press / 2012年4月13日 9時30分

名古屋商科大学公式アプリ
名古屋商科大学は、大学および大学院(MBA)の最新ニュースをお届けする公式のiPhoneアプリを開発し、4月11日よりApple社が運営する「App Store」を通して配信を開始致しました。


本アプリでは、一般の方を対象とした情報発信機能と在学生を対象とした掲示板機能の大きく2つの機能を備えています。さらに国内の大学では初となる災害時の安否確認が可能な機能も装備しています。
写真を中心としたレイアウトで見やすさを重視。ニュースのカテゴリ別閲覧や、本学の公開イベント情報など、手軽な情報収集を可能にしています。重要なお知らせについては、閲覧履歴が残るため、メモとしての役割も果たせます。この公式アプリにより、本学のITによる教育支援および情報発信がますます加速します。


・本プレスリリースに関する紹介ページ
http://www.nucba.ac.jp/press/iPhoneappli.html


■名古屋商科大学 公式iPhoneアプリの主な機能
◎標準機能
キャンパスライフ(ブログ)閲覧、公開イベント情報、大学の連絡先など
◎在学生機能(要ログイン)
災害時の安否確認、学内各部署からの事務連絡、閲覧履歴の保存など


■名古屋商科大学
1953年の開学以後、一貫して実践的なビジネス教育を展開。国内初となる複数の国際認証の取得に成功し、世界的な大学ランキング(Eduniversal)において総合部門でアジア26位に選出。現在、4学部2研究科体制で世界に通用する教育を実践。
http://www.nucba.ac.jp/


@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング