「日韓VISIONフォーラム」を日比谷公会堂にて5月5日開催 3・11の大震災から一年あまり、希望溢れるワクワクの未来VISIONを共有!

@Press / 2012年4月13日 14時30分

日韓VISION同盟(所在地:東京都渋谷区、日本代表:内海 昭徳、韓国代表:盧 在洙(ノ・ジェス))は、2012年5月5日(土)日比谷公会堂にて2,000人規模のイベント、「日韓VISIONフォーラム」を開催します。

昨今では、「これまでの常識は通用せず、新しい価値観で生きていくとき」と多くの人が感じ、これからの生き方や働き方を問い直しています。5月5日は、そのようなこれからの生き方を考える人たちと共に、新しい時代をつくるきっかけとなるフォーラムとなります。
このフォーラムでは、年齢や性別、業界の括りを超えて共通して取り組めるスマートVISIONを提供します。


■ワクワク未来VISIONの提案~今ここから!
幕末に「薩長同盟」が新しい日本を作るきっかけになったように、今度はアジアを代表する日韓が未来のVISIONで結ばれるときです。日韓VISION同盟は、ひとり一人の変化から個人も国もつながって大きな和の力を広げ、パラダイムシフトを起こし、新しい世界をつくっていくことを目指しています。

昨年9月の福岡での発足以来、現在までにのべ1,000名を越える方々にイベントに参加していただき、協賛や企画宣伝など多様なご協力を頂いております。


■3・11の大震災から一年あまり。
原発問題、大地震予測、経済危機、雇用不安、人間関係、心の病…。
世界では「日本の時代は終わった」とささやかれる中、逆に今こそ日本の真価、底力を発揮するときではないでしょうか。
いつの時代にも危機をチャンスに、絶望を希望に、不可能を可能にする大転換のときは、常に大きな「発見」がありました。
10年先、100年先の未来を開く歴史的な「新発見」が、すでに日本で生まれています。

日韓VISION同盟は、そんな歴史的な「新発見」をもとに、既存の枠組みを超えて、個人を元気にして、日本を、そして世界を元気にしていくワクワクの未来VISION、個人も国もつながっていく新しい「スマートVISION」を提案しています。


■ゲスト講演者
・書画家 小林 芙蓉

・作家・弁護士 金住 則行

・株式会社キシヤ 代表取締役会長 末石 藏八

・New Reality Inc. 代表取締役 中浦 えりこ

・Movement of New Hope (21世紀のライフスタイルを提案・実践する若者の繋がり)

・日韓VISION同盟 日本代表 内海 昭徳

・日韓VISION同盟 韓国代表 盧 在洙


<開催概要>
日時 : 2012年5月5日(土) 開演13:00~終演18:00(開場12:00)
場所 : 日比谷公会堂 (千代田区日比谷公園1-3)
定員 : 2,000人
参加費: 当日3,000円 前売2,000円
申込先: FAX 03-3462-5134
E-mail: contact@japan-korea.org
※終了後には、懇親会を予定しています(費用別途)。


<運営団体概要>
団体名 : 日韓VISION同盟
代表  : 日本代表 内海 昭徳
      韓国代表 盧 在洙
東京支部: 〒150-0031
      東京都渋谷区桜丘町13-9 クリエート桜丘センチュリー21
Tel   : 03-3770-5399
URL   : http://www.japan-korea.org

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング