漫画家、久松 文雄氏が『まんがで読む古事記』にて神道文化会より表彰を授与

@Press / 2012年4月13日 14時30分

『まんがで読む古事記』第1巻
漫画家、久松 文雄氏が、株式会社青林堂(本社:東京都渋谷区渋谷、代表取締役:蟹江 幹彦)より刊行中の『まんがで読む古事記』の功績にて財団法人神道文化会より表彰を受けました。


■受賞理由
今年は古事記編纂1,300年の節目の年です。各地ではシンポジウムやさまざまなイベントが開催されています。現在、青林堂から出版されている『まんがで読む古事記』は、「八岐大蛇」「因幡の白兎」など部分的な絵本ではなく、天地開闢にはじまる記述を忠実に漫画化しています。このように古事記の完全漫画は、今まで先例がなく、全国の神社からの注文部数と書店での販売数を合わせると40,000万部を越えております。この古事記の完全漫画化は、版元である青林堂が懇意にしている久松氏に依頼し実現いたしました。久松氏は、手塚治虫氏に師事し、代表作「スーパージェッター」が広く知られています。近年の作品は国内外の歴史作品を数多く手がけています。老若男女を問わずにわが国の淵源を読み進められるこの『まんがで読む古事記』は、新たな入門書として高く評価されています。青林堂は、久松氏の努力に敬意を表します。


■久松 文雄 プロフィール
漫画家。昭和18年名古屋市生まれ。15歳の時に書下ろし単行本でデビュー。
TBSアニメ「スーパージェッター」などのキャラクター設定や原画を担当すると同時に、漫画家として「週刊少年サンデー」などで連載。他に「冒険ガボテン島」「風のフジ丸」などがある。
近年、中国の歴史コミックシリーズや「春日局」などの歴史作品を手がけることも多く、現在、日本漫画界初となる「古事記」の全編漫画化に取り組んでいる。


■受賞該当作品概要
『まんがで読む古事記』 第1巻~第3巻まで刊行中。 各巻980円(税込)
平成24年6月には第4巻刊行予定。

URL: http://www.garo.co.jp/manga/


■神道文化会表彰規程
《神道文化会表彰規程第二条抜粋》
一 多年神道文化高揚に精励し、その功績抜群なる個人もしくは団体
二 神道文化に関する学術研究において、その功績顕著なるもの
三 神道ならびに神社に関する広報・教化活動において、その功績顕著なるもの
四 神道関係団体において、その活動優秀なるもの
五 神道文化昂揚のため功労あるもの


■表彰委員
田中 恆清(神社本庁総長)、松山 文彦、轡田 勝繁、佐野 和史、小串 和夫、
寺井 種伯、平岩 昌利、今井 達、 湯澤 貞、花堂 靖仁、吉田 茂穗、
宮崎 義敬(本年度委員長)、宮西 惟道


■会社概要
社名  : 株式会社青林堂
所在地 : 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-7-6 第6矢木ビル4F
代表者 : 代表取締役 蟹江 幹彦
設立  : 1962(昭和37)年
資本金 : 5,000万円
業務内容: 単行本・書籍出版・電子出版(漫画誌「ガロ」)
URL   : http://www.garo.co.jp/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

『まんがで読む古事記』第2巻『まんがで読む古事記』第3巻

@Press

トピックスRSS

ランキング