1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

アンチエイジングの低年齢化が進む! 20代後半から「老け顔」に!?~“肌の老化”に関する意識調査~

@Press / 2012年4月18日 11時0分

開院18年目となる“主にアンチエイジング美容皮膚科事業を展開する”医療法人社団シーズ・メディカルグループ シロノクリニック(理事長:城野 親徳、所在地:東京都渋谷区)は、関東在住の20代から30代までの女性100名に“肌の老化”に関する意識調査を実施いたしました。
その結果、7割の女性が20代後半から老化を気にし始め、特に「老け顔」に対して意識を持っていることが判明しました。


■厚生労働省の調べによると、20代女性のやせ型の割合がここ2~3年で急激に増加。
 20代女性の朝食欠食率は2003年からほぼ一貫して上昇傾向!
 野菜の摂取量の平均値も20代が、意外にも最下位!

図19-3:肥満及びやせの者の割合の年次推移(20歳以上)(1995~2010年)
http://www.atpress.ne.jp/releases/26764/A_5.pdf

表2:朝食の欠食率の年次推移(1歳以上) (2003~2010年)
http://www.atpress.ne.jp/releases/26764/B_6.pdf

図21-2:野菜摂取量の平均値(20歳以上)
http://www.atpress.ne.jp/releases/26764/C_7.pdf

※画像:平成24年1月31日公表、厚生労働省「平成22年国民健康・栄養調査結果の概要」より抜粋


■この実情を受け、シロノクリニックは、20代から30代までの女性の“肌の老化”を調査すべく、100名の方にアンケートを実施しました。

Q. 老化を気にし始めたのはいつ頃から?
A. 7割が、20代後半からと答えました。

Q. 「老けた」と感じるパーツはどこですか?
A. 8割が、法令線と目元と答えました。

Q. 老化ケアとして美容医療に関心はありますか?
A. 9割が、はいと答えました。

Q. 美容医療に求めることは何ですか?
A. 100%の方が、とにかく即効性と答えました。

確実に、早くから「老け顔」の意識を持たれている女性が多いことがわかりました。また、老化を感じる時に、疲れが抜けなくなったという意見も多くありました。これらが、「食生活や過度の食事制限による老化」に繋がっている意識を持っている女性は少なく、年齢に伴う自然老化と認識している女性が多いのが印象的でした。


■アンチエイジングの低年齢化
韓流ブームの影響もあり、少女時代のような小顔、少女時代のような細い足と、若い女性の要望は「より小顔に!よりスリムに!」と高まるばかりです。スタイルを気にするあまり、過度の食事制限や下剤を毎日服用してまで痩せたいと、自己判断が増える傾向にあるようです。その結果、早くから「老け顔」傾向に。当院でも、目元や法令線を気にする若い女性が増えてきています。「いますぐ、このシワを取りたい」と駆け込む方も多く見られます。
そこでシロノクリニックは、美容皮膚科の草分けとして「若い女性を、正しい知識と正しい診断で守りたい」と考え、「アーリーアンチエイジング外来」を開始することにいたしました。


■アーリーアンチエイジング外来とは?
“主にアンチエイジング美容皮膚科事業を展開する”シロノクリニックができることは、「若い女性を、正しい知識と正しい診断で守ること」だと改めて認識いたしました。
いまの生活習慣が肌や身体にどのように影響し、また老化を早めてしまっているかを正しくカウンセリングし、その上で、生活習慣のリフォームを前提に、必要と思われる場合において美容治療をアドバイスする「アーリーアンチエイジング外来」を開始することにいたしました。
「アーリーアンチエイジング外来」の相談料は無料です。少しでも若い女性が医師に相談できる機会をシロノクリニックは提供いたします。「シワができれば注入すればいい」「食欲抑制できる薬だけを処方して欲しい」などの要望に応える、即効性だけを提供する対処治療ではなく、根本・原因を改善する本物のアンチエイジング治療を提供し、一人でも多くの女性に「正しい知識」を伝授することが当外来のミッションです。


■アーリーアンチエイジング外来が行う、主なカウンセリング内容(相談無料)
○食生活・生活習慣を確認し、正しくリフォーム
○肌の状態を診察し、いまの「老け」進行度をチェック
○正しいスキンケア・年齢に合ったスキンケアを徹底指導
○ダイエットの危険性、希望者には肥満遺伝子検査の指導
○日焼けをする前、してしまった後の正しいケア法を伝授
○注入希望の方は、その必要があるか、時期はいまかを診断
○未来の老化を知りたい方には、肌老化遺伝子検査の指導
○その方に合う本当に必要なエイジングケアをアドバイス


【一般のお客様のお問い合わせ先】
シーズ・メディカルグループ シロノクリニック
担当:広報PR 藤垣 貴子
TEL :03-3797-4001(直通)
【Facebook】 http://www.facebook.com/fujigacky
【Twitter】 http://twitter.com/fujigacky (ID:fujigacky)

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング