新・アートフェア/公募展『リキテックス アートプライズ』5月14日よりエントリー受付開始!

@Press / 2012年4月17日 17時0分

リキテックス アートプライズ ロゴ
アクリル絵具の代名詞「リキテックス」の日本総発売元 バニーコルアート株式会社(本社:東京都江戸川区、取締役社長:村田 充弘)は、2012年9月29日(土)に、リキテックスの新しい公募展『リキテックス アートプライズ』を開催します。

『リキテックス アートプライズ』は、「あなたとリキテックスが、次世代のアーティストを生み出すアートフェア(公募展)」をコンセプトとした、アートフェア兼公募展。一般の人達も投票・参加できるオープンなシステムとなっています。また、受賞者を次世代アーティストとして育成するところまでを目的としており、受賞後のアーティストデビューの道も用意しています。

その『リキテックス アートプライズ』の一次審査エントリー受付が、いよいよ5月14日より開始。『リキテックス アートプライズ』Webサイトのエントリーページより受付となります。

URL: http://artprize.jp/


■「あなたをアーティストにする」公募展
バニーコルアート社は、『リキテックス アートプライズ』受賞者に対して、受賞後のアーティスト活動を全面的にバックアップしていきます。グランプリ・準グランプリ受賞者には、海外(ロンドン)や日本のギャラリーでの展覧会を用意。日本のギャラリーとの専属作家契約実現の可能性もあります。

また受賞者に対して、企業とのコラボレーション活動や、商品パッケージ、雑誌広告への作品提供の仕事なども依頼。受賞を契機として、本格的なアーティストデビューができる仕組みをつくり上げています。


■「誰もが参加できる」公募展
『リキテックス アートプライズ』は、一般の人達も審査に参加・投票することのできるオープンな公募展となります。Webサイト上でエントリー作品を公開し、一般の人達も投票できるシステムになっています。さらにアートフェア(最終審査)当日には、会場へ行き、直接投票することもできます。アートが好きな全ての人達が気軽に参加できる公募展を目指しています。

アートプライズの最新情報は、Webサイトで順次公開していきます。
http://artprize.jp/


■受賞者特典
【グランプリ(1名)】
◇ロンドンのギャラリーでグループ展を開催できます。
 (リキテックスをグローバルで販売するコルアート社(イギリス)が運営するギャラリーにて、2013年開催予定)

◇リキテックスの日本総発売元バニーコルアートが企画運営するギャラリー・トリニティ(六本木)での個展開催・作品販売ができます。
 また、プロのアーティストとしてギャラリー・トリニティ(*)との専属契約の可能性もあります。

@Press

トピックスRSS

ランキング