長崎のドゥアイネット、『AR(拡張現実)』の開発を開始 ~これからのスマートフォン時代に更なる展開が期待される『AR』~

@Press / 2012年4月18日 11時0分

『AR(拡張現実)』イメージ1
株式会社ドゥアイネット(本社:長崎県長崎市、代表取締役:土井 幸喜、以下 ドゥアイネット)は、『AR(拡張現実)』(以下『AR』)の開発事業を開始いたしました。

【ドゥアイネットが提供する『AR』詳細】
http://www.dinss.jp/AR_navi/


多数の人がスマートフォンを所有するようになり、情報の伝達スピードが格段にアップしました。これにより、消費者は多くの情報を知りたい時にタイムリーに知ることができるようになりました。
しかし販売者側は、本当に消費者が知りたいことを伝えられてはいない状況です。

『AR』は、スマートフォン上での簡単な操作で、対象物の詳細を伝える機能を持っています。その際、消費者が本当に興味のある内容を提供できているかのデータ管理も行うことができます。

従来の『AR』は、主に観光地などでの展開に留まっていましたが、現在では海外企業や、日本の一部大手企業においてすでに消費者獲得を目的とした『AR』導入が進んでおります。
つまり、すでに消費者ニーズにマッチしたマーケティングを開始しているのです。

我々ドゥアイネットでは、本サービスに注目し、すでに長崎県内においての展開が決まっており、今後は九州エリアを中心に本サービスの展開を正式にスタートします。


【『AR』の主な機能と特長】
・リアルタイムで映像を処理し、全てを自動で置き換える
・利用者はアプリマーケットから『AR』アプリケーションをダウンロードすれば、簡単にサービスを利用できる
・スマートフォン上で展開
・利用ユーザへのクーポン配信などの付加価値
・モバイルコマース、ゲーム、デジタルサイネージ、モバイルコンテンツ、観光、広告、社員教育、などの分野へも大きく拡大が予想される


【『AR』の活用例】
・「ないもの」をスマートフォンやタブレット上にバーチャルに投影
 住宅(壁の内部の仕組みの紹介)や、店舗(商品に対応端末をかざすとその商品の詳細を紹介)等
・観光地などのニュースや歴史等の配信、視聴
・マーケティングデータ収集
 メールマガジンやチラシなどにマーカーを記載すると視聴数がわかることを利用し、視聴者データの分析から、ユーザーの嗜好情報等のマーケティングデータを収集
・社員教育
 技術が必要な現場において、3Dでの投影により教育コスト減


【展開方法】
 初年度は5社を目処に販売パートナーとの提携を見込んでおります。
 また、AR-SDKエンジンを採用した自社サービスの開発・販売も行い、2012年5月を目処に順次サービスを開始します。


【動作環境】
 Android(OS:Android2.2以上)、iOS(OS:4以上)


【株式会社ドゥアイネット 会社概要】
商号  : 株式会社ドゥアイネット
所在地 : 長崎県長崎市千歳町21番6号
代表者 : 代表取締役 土井 幸喜
創業  : 平成9年4月
資本金 : 1,000万円
事業内容: AR関連事業、クラウド、アプリ関連事業
      官公庁向け受託プログラム開発事業
URL   : http://www.doinet.co.jp/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

『AR(拡張現実)』イメージ2『AR(拡張現実)』イメージ3『AR(拡張現実)』イメージ4

@Press

トピックスRSS

ランキング