次世代メガネ 軽い、薄い、最高のフィット感「Betaplaシリーズ」に新モデル登場!~新シリーズ BetaPla KIDSを追加~

@Press / 2012年4月19日 13時0分

軽さ抜群、Betaplaの特長
株式会社メガネスーパー(本社:神奈川県小田原市、代表取締役社長:斎藤 正和、以下 メガネスーパー)は、全国のメガネスーパーにおいて新素材「ベータプラスチック」を全面に使用した新ブランド「BetaPla」(ベータプラ)に、「BetaPla KIDS」を追加し、新モデルを4月7日より発売いたしました。

また、「Betaplaシリーズ」は弊社商品の中で販売量・お客様満足度ともにナンバーワンになりました。(4月新発売以来12ヶ月間連続NO.1)


■新モデルの特長■
<新シリーズBetapla KIDS 4タイプ各2色が加わり、17タイプ47バリエーションのラインアップに>
新モデルでは、「ビジネスモデルにより近く、さらにスクエアな形に…」「小ぶりにして女性・ヤングに人気のシェープを」というお客様からのご意見を採用し、シャープでスタイリッシュに仕上げました。日本のお子様にも人気のあるデザインを追加しました。
また、テンプルリバースにスカイブルーやピンク、グレーなどの人気の明るいカラーを配し、楽しさ・個性を演出しました。今までに無い明るいカラーを入れることで“見ても掛けても楽しめる”「BetaPla」となっています。


■Betapla KIDSの特長■
お子様のために「軽さ」が一番と考え、お顔にフィットするコンセプトで造りました。育ち盛りのお子様に重要な「安全性」に加え、「機能性」・「かけ心地」・「美しさ」にもこだわりました。

ご両親・お子様ご本人にもご好評を頂き、新発売後2週間を経て、15歳以下商品のBetapla比率は3倍になりました。


■他社製品と「BetaPla」の違いは、メガネスーパーだけの切削成型にあり
<「成型」・「切削」について>
・成型(せいけい)…正しくはインジェクション成型と言います。金属と金属の間に空間を作り、そこに熱で溶かした素材を流し込みます。製作の工程上、素材そのものに圧力をかけられないため素材自体の強度を上げられないのが難点です。

・切削(せっさく)…1枚板の素材から部品の形に削り出していく方法です。
製作の工程で「プレス」があり、圧力をかけて素材そのものの強度や弾力性を飛躍的に上げることが可能です。

●「切削」で作られたものを扱っているのはメガネスーパーだけです。
また、他社製品と「軽い」、「フィット感」において大きく異なり、「最軽量」6.03g(当社比較)とお顔への負担が非常に少ないフレームに仕上がっております。
※フレーム単体での重量でございます。レンズ込みの重量ではありません。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング