1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

Sprocket、サイト状況を視覚的に把握できる新機能「ツリーマップ(α版)」を提供開始

@Press / 2021年7月20日 10時0分



株式会社Sprocket(本社:東京都目黒区、代表取締役:深田 浩嗣)は、新機能「ツリーマップ(α版)」を2021年7月20日に提供開始いたしました。


画像 : https://newscast.jp/attachments/Tw05elor3hlQkM7iKn72.png


ツリーマップとは、階層構造のデータを入れ子にした長方形で表現する表示形式のことです。Sprocketのツリーマップ(α版)では、Webサイトのディレクトリやページをツリーマップで表現することで、ページビュー数の多いページやコンバージョン率の高いページなど、Webサイト全体の状況を視覚的に把握できます。
ツリーマップ(α版)を利用することで、従来のアクセス解析ツールよりも直感的にWebサイトの状態を把握し、どのページに改善施策を実施するべきかを検討することが可能になります。


「ツリーマップ:CVR」と「ツリーマップ:離脱率」2種類のマップを作成可能


ツリーマップ(α版)は、Sprocketの管理画面から利用可能です。管理画面から計測期間や基準値を入力するだけで、次の2種類のツリーマップを作成できます。ツリーマップ:CVRで表示するコンバージョンは任意で選択可能です。
 ▶ツリーマップ:CVR
 長方形の面積がページビュー数を表し、色の濃さがコンバージョン率を表す
 ▶ツリーマップ:離脱率
 長方形の面積がページビュー数を表し、色の濃さが離脱率を表す
ツリーマップはHTML形式で書き出され、ブラウザーで表示してディレクトリをクリックすれば、階層を深掘りしていくことも可能です。Sprocketのシナリオが設定されているページは青い枠線で囲まれるので、どのページでシナリオが実行されているのかの確認にもご利用いただけます。


ツリーマップ(α版)で多様な視点での分析が可能に


2種類のツリーマップにより、事前準備不要で従来のアクセス解析よりも手軽に多様な分析が可能になります。例えば、次のような視点でWebサイトの状況を確認し、仮説を立てたり、施策の優先度を決めたりする際に役立ちます。
 ▶ページビュー数が多く、コンバージョン率が高いページは?
 長方形の面積が大きく、色が濃いページを「重要ページ」と見なして、取りこぼしを減らす施策を行う
 ▶ページビュー数は多いが、コンバージョン率が少ないページは?
 長方形の面積が大きく、色が薄いページを「伸びしろが大きいページ」と見なして、態度変容を促す施策を行う
 ▶本来の想定と実際の状況のギャップは?
 長方形の色の濃さを見て「本来コンバージョンしてほしいページのコンバージョン状況はどうか」「離脱してほしくないページの離脱率はどうか」をPCサイトとスマートフォンサイトでそれぞれ確認し、ギャップがあれば改善するための仮説を立てる
より詳しい活用例は、次のページでもご紹介しています。
■ツリーマップ(α版)でWebサイトを分析する - Sprocketご利用ガイド
https://support.sprocket.bz/hc/ja/articles/4402661421849
ツリーマップ(α版)のご利用をご希望のお客さまは、当社の担当コンサルタントにお問い合わせください。


Sprocketは、ユーザーの行動からコンバージョンを最適化することで、クライアントのビジネス成果向上とエンドユーザーへの良質な体験提供を通じて、長期にわたる関係性構築を支援しております。当社は、今後も企業とエンドユーザーの理想的なエンゲージメント形成に努めてまいります。


■ コンバージョン最適化プラットフォーム「Sprocket(スプロケット)」について


「Sprocket」は、ユーザーのオンライン行動データ(ページ閲覧、スクロール、クリックなど)を活用し、カスタマージャーニーに合わせて最適なタイミングでWebサイト上に接客ポップアップを表示することで、理想的な顧客体験を実現します。ユーザーの態度変容を促し、購入や申し込み、資料請求などのコンバージョン率の向上や、離脱率の低下といったKPIの改善を図ることが可能です。
Sprocketでは、配信するシナリオやユーザーセグメントはコンサルタントが作成するため、ご担当者さまは重要な意思決定に集中することができます。ECサイトだけでなく、銀行、証券、保険といった金融機関など、多くの企業のWebサイトで採用されています。
詳しくは、 https://www.sprocket.bz/ をご覧ください。


■ 株式会社Sprocket 会社概要


CRO(Conversion Rate Optimization)プラットフォーム「Sprocket」の開発・販売・運用、および導入サイトに最適な企画・施策を実施するコンサルティングを提供。デジタル時代の企業とエンドユーザーとの結びつきを創造します。導入企業250社以上、平均CV改善率148.66%、平均ROI 1,565%、年間30,000回以上のA/Bテスト数の実績があります。
名 称 : 株式会社Sprocket(英文社名 Sprocket Inc.)
設 立 : 2014年4月
所在地 : 〒153-0043 東京都目黒区東山1-2-7 第44興和ビル 2F
事業内容 : コンバージョン最適化プラットフォーム「Sprocket」の開発・販売・運用
代表者 : 深田 浩嗣


本リリースに関するお問い合わせ
株式会社Sprocket マーケティング&コミュニケーション
Tel:03-6303-4123 Email: info@sprocket.bz
 






詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング