1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

アゴス・ジャパン、明治大学にて「国際キャリア特論」の寄付講座を開講 ~グローバル人材に求められる意識と行動~

@Press / 2012年4月19日 16時30分

海外トップ大学・大学院留学準備指導校を運営する株式会社アゴス・ジャパン(代表取締役:横山 匡、本社:東京都渋谷区)は、明治大学(学長:納谷 廣美、駿河台キャンパス)にて、明治大学学部間共通総合講座(2単位)として、アゴス・ジャパン寄付講座「国際キャリア特論 ~グローバル人材に求められる意識と行動~」を開講いたしました。

明治大学講座紹介URL
http://www.meiji.ac.jp/cip/carrier/business/


■授業概要
グローバル化の進展の中で、国際的に活躍しうる人材に求められる能力は多様化・高度化しています。本講座は、大学生がどのように国際的なキャリア形成をめざすべきか、的確にガイダンスすることを目的としています。

様々な業種、職種において能力を発揮している傑出したプロフェッショナル、企業で先端的な人材発掘をしている専門家などを招聘し、国際的な水準のキャリア形成、実社会におけるキャリア開発について実例を紹介していきます。

講座の冒頭では、国際的な企業・組織における人材の動向、キャリア形成に求められる知識・経験・語学力について世界的な傾向を概観します。国際機関、日本国内および外資系の企業などの動向を分析するため、主要な企業や非営利法人の人事担当者から、直接的な助言を得る機会を提供します。また、学生のキャリア・デザインにとって有意義な情報リソースや文献を紹介し、これらをもとに議論を深めます。

後半では、国際的な人材開発において、留学(とくに大学院留学)の果たす役割について事例を交えて論じます。授業以外にも、留学、インターンシップ、就職に関するセミナーへの参加を推奨し、受講者に自らのキャリア・デザインの在り方を客観的に分析する機会を提供する。


■日程・テーマ・担当者
(1)4月12日 オリエンテーション
武田 功氏、芦沢 真五氏、関山 健氏、長沢 誠氏

初回は本講座全体のオリエンテーション。世界で活躍できるグローバル人材が求められている中で、大学生がどのような国際的なキャリア形成を目指していくべきかを、具体的事例を交えて紹介します。あわせて本講座全体構成の紹介、各講座の特徴や講師紹介を中心に、グローバルキャリアデザインの在り方をどのように学んでいくかを考えます。また、本授業で各学生に課されるオンライン・ポートフォリオの運用と作成方法について説明します。

(2)4月19日 世界を舞台に活躍するための意識と行動
アゴス・ジャパン代表取締役 横山 匡

現在の大学生がキャリアを積み重ねていく今後の日本において、社会の国際化は避けて通れない時代を迎えます。このクラスでは、「国際社会で活躍していくための意識と行動」を理解し、「自分らしさの実現」のために必要な「自己理解」(自己分析)と「自己表現」(プレゼンテーション)、そして「将来へのビジョン」(エッセー)デザインのまとめ方整理します。(PartI)

(3)4月26日 「自分らしく」グローバル社会で振舞うための自己分析と自己表現 
アゴス・ジャパン代表取締役 横山 匡

現在の大学生がキャリアを積み重ねていく今後の日本において、社会の国際化は避けて通れない時代を迎えます。このクラスでは、「国際社会で活躍していくための意識と行動」を理解し、「自分らしさの実現」のために必要な「自己理解」(自己分析)と「自己表現」(プレゼンテーション)、そして「将来へのビジョン」(エッセー)デザインのまとめ方整理します。(PartII)

(4)5月10日 次世代リーダーとはどんな人なのか?
『週刊東洋経済』編集部 佐々木 紀彦氏

世界の大学生たちはどんな勉強をしているのか?どうすれば日本の大学生は彼らと渡り合うことができるのか?著書『米国製エリートは本当にすごいのか?』のエッセンスを説明しながら、次世代リーダーに必要な素養について考えます。

(5)5月17日 「日本発グローバル」で活躍するために~日米欧での経験から~
Asahi Net International, Inc. President and CEO 竹川 隆司氏

日本人がグローバルなフィールドでキャリアを重ね、成功していくために必要なスキル、姿勢、考え方は何か?講師自身の日本、イギリス、アメリカそれぞれの国での勤務、マネジメント経験を踏まえて、その問いへの講師自身の考えを提示します。同時に、振り返って大学生の時にやっておくべきことは何かについても議論を行ないます。

(6)5月24日 Teach For Japanが生まれた背景と留学体験
特定非営利活動法人 Teach For Japan 代表理事 松田 悠介氏

真のグローバル・リーダーとは「問題意識を持ち、リスクを恐れずに飛び出し、課題解決できる人材」です。大学を卒業して教師をしていましたが、客観的に日本の教育を見て最先端の教育理論を学ぶため留学し、ハーバード大学で教育学修士号を取得しました。Teach For Americaという団体と出会い、「社会課題の解決」と「リーダー育成」を事業モデルとして、日本にTeach For Japanを設立することを決意した経緯を語ります。

(7)5月31日 外資系企業におけるキャリアとリーダーシップ
株式会社TACアソシエイツ 代表取締役社長 浅見 隆氏

明治大学を卒業後、外資系企業を中心に働き、経営陣の中枢的役割を担ってきました。特に、スポルディング・ジャパン、レブロンにおいては代表取締役社長として、会社の業績を著しく向上させることができました。このキャリアを通じて、実社会におけるリーダーシップの在り方について語ります。

(8)6月7日 原体験としての「留学」:多様な価値観を束ねるリーダーシップとは
公益財団法人インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢設立準備財団 代表理事 小林 りん氏

インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢(ISAK)の設立を目指している講師が、グローバル社会で求められるリーダーシップについて語ります。投資銀行業務、ベンチャー企業経営、国際協力業務などを経て、自分の強みを知り、やりたいことと望む働き方が一致するに至りました。特に、原体験である「留学」と「国連職員としてのフィリピン駐在」がいかに自分のキャリア形成に影響を与えたかを振り返ります。

(9)6月14日 グローバルなキャリア形成に必要なもの
ヒューマン・ライツ・ウォッチ 日本代表 土井 香苗氏

国際NGO「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」の日本代表である講師が、国際NGOや国連などで、グローバルな人権・人道分野でキャリアを積むにはどうしたらいいのか?大学や大学院で心がけることは何か?留学するとしてどんな分野を専攻すべきか?そして留学以外に何をすべきなのか?について語ります。

(10)6月21日 グローバル人材へのキーワード:マルチOS(オペレーションシステム)プレーヤーたれ!
Cerego Japan Inc. CEO Eric Young氏

日・米・独の企業に投資家や経営者としてリーダーシップを発揮してきた経験から、ビジネス推進に対しての行動や意識のオペレーションシステム(OS)の違いに焦点をあてて、これから社会人としてプロフェッショナルとなっていく大学生が意識、理解しておくべきポイントを伝えます。日本、西洋それぞれがもつ特有のビジネスプラクティスの事例を取り上げ、大学生のうちに理解し育てておくべき「コミュニケーションスタイルやゲームプランの違い」などを学びます。その上で、日本の人材がこれからのグローバル社会で活躍するためのアドバイスを伝えていきます。

(11)6月28日 志をはぐくむ
ソフトバンク株式会社 財務部関連事業室 マネジャー 中村 浩一郎氏

ITの発達により、地球は確実に狭くなり、激しいグローバル競争を生み出しました。日本企業の人材採用マーケットにおいても、事業の海外進出などを背景に人材の国籍を問わずに世界で活躍できる“グローバル人材”が注目されています。世界の中で日本はどのように戦っていくべきかを「人材育成」をベースに考え、これから求められる“グローバル人材”とは何かを検証します。

(12)7月5日 総合商社におけるグローバルキャリア形成とグローバル人材育成施策
三菱商事株式会社 人事部採用研修チームリーダー 久米 邦英氏

社員の仕事・キャリアのご紹介を通じて、総合商社におけるグローバルなキャリア形成や、グローバルにビジネスを展開していく上で必要とされる能力・資質を伝えます。また、三菱商事が現在取り組んでいるグローバル人材育成施策を説明します。

(13)7月12日 失敗をおそれず行動することの大切さ ―成功の反対は失敗ではなく何もしないこと―
株式会社インテカー 代表取締役社長 齋藤・ウィリアム・浩幸氏

真のグローバル人である講師自身の、これまでの生い立ちや失敗から学んできた体験談を元に「失敗をおそれず行動することの大切さ」を伝えます。グローバルステージで活躍したいと考える諸君に、グローバルの本当の意味を理解してもらい、自分に足りないものや伸ばすべきアドバンテージを認識することで、具体的にやるべき事柄の発見につなげます。学生諸君が様々に持つ「思い」が実際に動き始めるきっかけとなるような講義を目指します。

(14)7月19日 まとめ
武田 功氏、芦沢 真五氏、関山 健氏、長沢 誠氏

本講座の最終総括をしながら、今後グローバル人材として活躍していくための目標設定を行います。あわせて、講座の成果としてのポートフォリオについて総括的な評価をおこないます。


【株式会社アゴス・ジャパンについて】
アゴス・ジャパンは、MBA/LLM/大学院/大学留学指導、TOEFL/GMAT/GRE/SAT/TOEIC対策のエキスパートです。トップ校合格のために必要な各種英語テストの攻略法および出願カウンセリング指導により、過去3年間で約2,500件以上という、圧倒的な合格実績を誇ります。また、国内70社以上の企業派遣生への特別テスト対策講座・留学指導、東京大学を始めとする大学でのテスト対策講座等も行っています。

・URL    : http://www.agos.co.jp
・設立   : 2005年7月(1989年にザ・プリンストン・レビュー・オブ・ジャパンとしてスタート)
・代表取締役: 横山 匡
・所在地  : 〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町18-4 二宮ビル
・事業内容 : (1) MBA/LLM/大学院/4年制大学留学支援
        (2) 各種英語試験対策指導
        (3) 上級管理職・幹部候補向け人材育成支援
        (4) 国内大学向け国際人材育成支援

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング