野村證券、店頭FX全面リニューアルに併せFX投資支援ツールを新規導入

@Press / 2012年4月23日 10時0分

シグナルパネル画像イメージ
センティリオン株式会社(代表取締役社長:鈴木 雅雄、本社:東京都台東区、以下「センティリオン」)の開発したFX用の高性能投資サポートツールが、2012年2月26日(日)より野村證券株式会社に導入されたことをお知らせいたします。

※ このツールは株式会社インターネットイニシアティブがSaaS型でFXシステムを提供する「IIJ Raptorサービス」の一部としての提供されております。

※ FX:外国為替保証金取引のこと


■FX投資サポートツール概要
この度導入されたツールは、野村證券のFXオンライン・トレード・サービス「ノムラFX」で提供される投資サポートツールです。本ツールは、Webブラウザー上で稼働するFlashアプリケーションで、テクニカル指標の売買シグナルを表示する「シグナルパネル」、未来の値動きを予測する「形状予測チャート」、売買シグナルで取引した場合の損益ランキングを表示する「シグナルランキング」の3つの機能で構成されています。


<主な特徴>
●シグナルパネル
複数の通貨ペア、または一つの足種に対して複数のテクニカル分析を行った結果をパネル形式で一覧表示することにより、直感的に相場状況を把握することができます。また、バックテストも行っており、売買シグナルにより売買を行った場合の損益も確認することができます。

<シグナルパネル画像イメージ>
http://www.atpress.ne.jp/releases/26883/1_1.png


●形状予測チャート
現在の相場と近似する過去の相場を分析し、今後のチャート形状を予測します。また同時に、予測の元となった過去チャートを表示することも可能です。プロの投資家も使用している分析法を、誰でも簡単に自動で行うことができます。

<形状予測チャート画面イメージ>
http://www.atpress.ne.jp/releases/26883/2_2.png


●シグナルランキング
上記のシグナルパネルで使用している売買シグナルを、累積損益によりランキング表示します。複数の売買シグナルのパフォーマンスを容易に比較でき、有用な戦略が一目で確認できます。

<シグナルランキング画面イメージ>
http://www.atpress.ne.jp/releases/26883/3_3.png


■センティリオンの特徴
センティリオンは、高い知識と経験を必要とする、株式ならびにFX向けの投資用支援ツールを数多く開発してきており、金融特有の工学ロジックや開発ノウハウを凝縮させた独自のコアエンジンを有しています。そのため、当該コアエンジンのカスタマイズを中核にシステムを開発することにより、オリジナル性の高いシステムを安価で早期に開発・納入することを実現し、金融IT業界における他社との差別化を図ることに成功しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング