加熱不要で混ぜるだけ!カクテル感覚でアルコール飲料がゼリーになる!ゲル化剤製剤「アル・カタマール」新発売

@Press / 2012年4月24日 12時0分

赤田善株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:赤田 真朗、以下 弊社)では、混ぜるだけで、手軽にカクテル感覚で、アルコール飲料がゼリーになるゲル化剤製剤、「アル・カタマール」を発売します。(注1)
アルコール飲料をゼリーにすることにより、カクテル感覚でゼリーを楽しむことができます。弊社は、「食べてほろ酔える大人のデザート」をコンセプトとする、新ジャンルのデザートを提案します。
URL: http://www.akatazen.co.jp/

(注1)アルコール飲料の種類により固まらないものがあります。


【アル・カタマールの特徴】
一般的にゼリーを作るには、ゼラチンにしても寒天にしても、水に加熱溶解し、その後冷却する必要があります。
「アル・カタマール」は、加熱や冷却をすることなくアルコール飲料と混ぜるだけで、手軽にゼリー化することができます。
ビールとノンアルコールビールテイスト飲料に味の差が見られるように、アルコール成分は独特の風味があります。加熱することなくゼリーにすることができるため、アルコールの風味を損ないません。また、ゼリーの食感とともに、口の中でアルコール風味を味わう時間が長くなり、アルコール飲料とは違った新しいおいしさを楽しむことができます。


【アル・カタマールの説明】
「アル・カタマール」は、加工食品の原材料によく使用されている、増粘多糖類を主成分とする粘調性のある液体です。
増粘多糖類を弊社独自の技術により、アルコール飲料と混ぜるだけで手軽にゼリー化するように加工しました。

商品名   :アル・カタマール
荷姿    :1L×12本/ケース
希望小売価格:¥31,500/ケース(税込・送料込)

【調理手順】
1.メジャーカップでアルコール飲料を計量します。
2.アルコール飲料と同量の「アル・カタマール」を計量します。
3.計量したアルコール飲料と、「アル・カタマール」をフルートグラスに一気に注ぎこみ、食品用ラップフィルムで蓋をして一瞬(3秒以内)でシェイクします。

【調理例】
・アルコール飲料ゼリーをそのまま凍結させ、シャーベットに。
・アルコール飲料ゼリーをクラッシュして、お好みの炭酸飲料を注いで。
・アルコール飲料ゼリーにフルーツソースをかけ、カクテルゼリーに。
・バニラアイスクリームにブランデーゼリーをトッピング。
・バニラシェイクにウイスキーゼリーを練り込む。

【注意点】
・アルコール飲料の種類により、固まる速度が異なります。
・寒冷地では、固まる速度が速くなります。
・温暖地では、固まる速度が遅くなります。
・アルコール飲料の種類により固まらないものがあります。
・炭酸飲料は固まりません。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング