1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

日比谷花壇 法人向けフラワーサービス 新ブランド「HIBIYA KADAN Botanical SERIES」〜サステイナブルな、より良き未来を花や緑とともに〜第一弾『graphic』を7月29日(木)発表

@Press / 2021年7月29日 11時0分

「HIBIYA KADAN Botanical SERIES」graphic_日比谷花壇
株式会社日比谷花壇(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮嶋浩彰)は、人や社会、環境に配慮した、一人ひとりが心豊かに暮らせる花や緑のエシカルなデザインを提案する法人向けフラワーサービスの新ブランド「HIBIYA KADAN Botanical SERIES」(ヒビヤカダン ボタニカル シリーズ)から、第一弾として『graphic』を7月29日(木)に発表し、アパレル、化粧品、文具、雑貨など様々な業界の企業に向けて提案します。
*「HIBIYA KADAN Botanical SERIES」
https://www.hk-business.biz/botanical_series/
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/269436/img_269436_1.jpg
「HIBIYA KADAN Botanical SERIES」は、サステイナブルなより良い未来のために、花や緑のあり方を考える、設立70年を越える日比谷花壇が提案する法人向けフラワーサービスです。第一弾となる『graphic』は、夏のトロピカルな雰囲気と爽やかな植物の組み合わせで生まれた、イラストシリーズ「Green roof」とフォトシリーズ「The Serene」で、さまざまな表情のグリーンデザインで心地よい時間を創出する、新しいグラフィックシリーズとしてそれぞれ3パターンがあります。

Green roof (イラストシリーズ)
個性豊かなグリーンの葉が、屋根のように私たちを大きく包み込みます。照りつける太陽に、すがすがしい青空の朝に、霧のような雨に、とシーンによって美しく変化するグリーンの様子をパターンにしました。
●パターン1:グズマニア/モンステラ/アレカヤシ
●パターン2:アレカヤシ/アンスリウム/ストレリチア
●パターン3:アレカヤシ

The Serene (フォトシリーズ)
透明感のあるグリーンの瑞々しい様子をパターンに閉じ込めました。ひとつひとつの植物を丸ごと感じられる描写で、個性豊かな造形を楽しんでいただくことができます。
●パターン1:コチョウラン/アレカヤシ/ラナンキュラス/アルストロメリア/ゼンマイ/ストレリチア/グズマニア/キルタンサス/リューココリーネ
●パターン2:クリスマスローズ/アジアンタム/ニゲラ/パンジー/コデマリ/リューココリーネ
●パターン3:クリスマスローズ/アジアンタム/ガレキフォリア/コデマリ/トリフォリウム/ワラビ/アルストロメリア

「HIBIYA KADAN Botanical SERIES」では、今後、グラフィック以外にも実際の植物を使った装飾や商品、サービスを展開し、さまざまな業界の企業とともにサステイナブルな社会を実現する一翼を担っていきたいと考えています。

株式会社日比谷花壇について
1872年創業、1950年に東京・日比谷公園店の出店後、株式会社日比谷花壇を設立。現在、全国に約190店舗を展開。ウエディング装花、直営店舗及びオンラインショップでの個人/法人向けフラワーギフトの企画・制作・販売、お葬式サービス、各種空間装飾デザイン・ディスプレイ、屋内緑化の設計・施工等を行っております。今後も、さまざまな日常の生活シーンの中に、花とみどりのある生活文化を創造していきます。



詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング