アジアにおける新データセンターの提供開始について

@Press / 2012年4月27日 11時45分

 NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)は、2012年4月27日にシンガポールで4つ目となる「シンガポール セラングーン データセンター」を、2012年4月26日にマレーシアで3つ目となる「マレーシア サイバージャヤ3 データセンター」を提供開始します。本データセンターは、NTT Comがグローバルに展開するクラウドサービスの主要基盤のひとつとなります。

 NTT Com は、2011年10月に策定した「グローバルクラウドビジョン」のもと、ネットワーク/データセンターからクラウド/アプリケーションまでを、エンド・エンドかつワンストップで提供するグローバルシームレスなサービスの展開に積極的に取り組んでいきます。


1.背景
 シンガポールとマレーシアは、地震、津波、台風などの自然災害の影響が極めて少ない地域特性から、アジア地域のシステムハブやディザスタリカバリ拠点として注目されています。
 特にシンガポールは、香港とならぶアジア地域の経済活動の中核であり、多国籍企業のお客さまが集中しています。なかでもIT企業や金融機関などのお客さまが多く、24時間365日業務を継続するだけでなく、非常に高スペックな通信インフラが求められています。
 そのような高い要求水準と増加する需要に応えるべく、シンガポールではシンガポール証券取引所のデータセンターの近くに、マレーシアでは首都クアラルンプール郊外の総合開発地域マルチメディア・スーパーコリドーの中核都市サイバージャヤに、新たなデータセンターを建設しました。


2.シンガポール セラングーン データセンターの特長(詳細は別紙1参照)
(1)高信頼のデータセンター専用ビル
 自社で設計し建設したデータセンター専用ビルであり、電源設備などの各種設備を完全冗長化することにより停電などの障害発生に備えます。より高度なセキュリティ運用など、お客さまのご要望に合わせたカスタマイズ提供も可能です。

(2)業界トップクラス(*1)の低遅延で日本‐シンガポール間を接続
 NTT Comの回線に加え、他社回線の利用も可能なキャリア・ニュートラルポリシーの採用により、異キャリア、複数ルートによる高い冗長性が確保できます。特に、日本‐シンガポール間は、NTT Comが所有する、高信頼・低遅延の大容量光海底ケーブル「Asia Submarine-cable Express」(ASE)(*2)を利用することで、高速で高信頼のネットワーク環境を実現します。(別紙3参照)

@Press

トピックスRSS

ランキング