導入シェア2年連続No1のメール配信システム『ブレインメール』業界初、標準機能としてAPIを提供

@Press / 2012年4月25日 11時0分

サイトトップ
中小企業向けのクラウドサービスを提供するブレイン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:天毛 伸一)は、2012年4月17日より4,300社以上の導入実績を持つメール配信システム『ブレインメール』( http://www.blaynmail.jp )のレンタル型サービスにて、外部システムとの連携が可能になるAPIを標準機能として提供開始しました。

●提供背景
ショッピングサイト(EC)など会員や顧客情報を扱うシステムでは、メール会員の収集・一斉配信をシステム内で行いたいという要望が増えています。しかし、システム連携のご提供は非常に高価なため敷居が高いものでした。ブレインメールはもっと「快適に」「身近に」ご利用いただけるようAPIを公開いたします。

●API連携
ブレインメールの操作を行うためには管理画面(WEB)にログインする必要がありましたが、APIを活用すれば既存システムから直接ブレインメールを操作できるようになります。このAPIを標準機能として追加料金なしでご提供いたします。

<ご提供機能>
・読者データの登録/編集/削除など個別/一括の処理でデータベースの同期処理が可能。
・メール本文や配信時間を指定しての自動配信。
・配信結果(成功数/失敗数)、エラーアドレス、解除、開封率-クリック測定の結果を取得。

API連携に必要な機能一覧、パラメータ、サンプルコードは、すべてブレインメールサイトにて公開しましたので、自由にご活用いただけます。( http://www.blaynmail.jp/api/ )


●会社概要
ブレイン株式会社 http://www.blayn.co.jp/
所在地  :東京都渋谷区道玄坂1-14-6 渋谷ヒューマックスビル10階
代表取締役:天毛 伸一
資本金  :1,800万円
設立   :2003年2月17日

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

サイトイメージ

@Press

トピックスRSS

ランキング