フォトシミリシリーズ「フォトベンチ160、260」を販売開始~背景までも美しく!撮影した写真をそのまま360°アニメーションに~

@Press / 2012年5月7日 9時30分

フォトベンチ160
株式会社アポロクリエイト(所在地:神奈川県川崎市、代表取締役:鳴海 千尋)は、3D360度写真撮影システム「フォトシミリ」シリーズの商品ラインアップとして、「フォトベンチ160」、「フォトベンチ260」の日本での販売を開始しましたのでお知らせ致します。
「フォトベンチ160」、「フォトベンチ260」は、ターンテーブル、及び拡大(ズーム)・縮小機能付きソフトウェア「TruView 360」が標準装備され、RGB255のピュアホワイト背景での撮影が可能になりました。
5月9日(水)から11日(金)まで東京ビッグサイトで開催される「第6回 Web&モバイルマーケティング EXPO 春」に出展されます。


【販売の背景】
3D360度回転写真撮影システム「フォトシミリ」は、2010年の販売開始以来、多くのお客様に導入頂き、3D360度回転画像を多くの場面でご利用頂いてきました。

「フォトシミリ」は、カメラとターンテーブルがUSB経由でPC接続されていれば即座に撮影、アニメーション生成が可能です。さらに写真撮影や画像処理の経験のないお客様にも親和性の高いインタラクティブなユーザー・インターフェイスを備えております。これら設計思想により、商品画像撮影のシステムとしてはユーザーの裾野が非常に幅広く、価格面からも導入へのハードルが非常に少ない商品とのご好評を頂いてきました。

一方で、導入ユーザーが拡大するにつれて、毎週、毎月に何百、何千アイテムの撮影が必要という大口ユーザー様にもご利用頂くことが多くなってまいりました。そのような中、さらに生産性を向上させられないかとの声を頂くことになり、「フォトシミリ」の標準ソフトウェアである「イメージクリエイター」を大幅にバージョンアップさせました。

同時に、導入時には写真撮影や画像処理の経験のないユーザーであったお客様からは、プロカメラマンに外注したのと同等の画像品質を求める声が多くなってまいりました。これまで、プロカメラマン向けには特別な背景セットや照明機器など多くの写真撮影ツールが提供されてきました。しかし、そのどれもが特別な知識やスキルを要求するものでした。ソフトウェアによる背景の削除や色を調整することはできても、そのプロセスを自動的に行うことはできませんでした。

そこで、「フォトベンチ」ではソフトウェアによるLED照明の調整、透明化されたターンテーブル搭載などにより、商品画像としてのクォリティーをさらに向上させることを実現致しました。これにより、撮影したままの画像がそのまま使用でき、背景処理をフリーにすることも実現致しました。


【商品の特長】
「フォトベンチ」における既存商品から大きく改良がなされた1つ目の機能が、生産性の向上であります。これまでは、写真撮影や画像処理の経験のないユーザーの導入時の負担を軽減するために、イメージクリエイターによる各種設定値の決定は対話型形式の仕様になっておりました。しかし、今回のバージョンアップにより対話型形式の機能は残しつつ、上級者用のプロファイル管理機能が追加されました。切り取り枠、カット数、画像サイズ、出力形式などをプロファイルとして保存と呼び出しが可能になり、これにより作業時間の大幅な短縮が実現致しました。

2つ目の大きな機能改良は、撮影画像の品質向上であります。「フォトベンチ」では、高演色LED照明を採用しました。この高演色LED照明により、被写体本来の色の再現性が大幅に向上しております。また、それらはフロント、バック、トップ、アンダーに設置され、調光のオペレーションも、PCのディスプレイを見ながらソフトウェアで行えるこれまでのフォトシミリの設計思想もそのまま踏襲しております。同時にターンテーブルの中心に駆動部がない設計(特許取得済み)とすることで、ターンテーブルの透明化が図られ、被写体を下部からも照射しております。これらにより、「フォトベンチ」では画像撮影時に背景色におけるRGB(255、255、255)のピュアホワイトが設置面を含めて実現致しました。

また一方では、フロント、サイド、トップのパネルを取り外し、外部照明を使用することも可能です。これにより、ライトボックスの利点を最大限に活かした撮影と、撮影者の自由な発想による解放感ある照明環境下での撮影が同時に実現致しました。

これら2つの大きな機能改良以外では、「TruView 360」が標準装備され、拡大・縮小機能を備えたリッチコンテンツの生成が可能になっております。システム全体では静止画(JPEG)の撮影だけでなく、アニメーションGIF、フラッシュ(SWF)、iPad・iPhoneをはじめとしたスマートフォンで表示できるHTML+JavaScriptなど、360°アニメーションの作成も可能であります。非互換対応カメラでもリモート撮影機能をもったカメラであれば、シャッターレリーズを利用して撮影することが可能になるなど、撮影経験豊富なハイエンドのお客様にもご満足頂くための機能が数多く追加されました。

2月に発売開始した「オートリーライトボックス360」に続き、時計、宝石、バッグ、アクセサリー、眼鏡、カメラ、PC周辺機器、販促グッズなど小型の被写体を撮影したいというお客様には導入メリットの大きい製品となっております。

[被写体最大サイズ]
フォトベンチ160:34cm × 34cm × 57.9cm
フォトベンチ260:46.9cm × 59.9cm × 59.9cm
※被写体最大サイズは横からの撮影になります。また、実際の被写体サイズはカメラとレンズにより大小します。

[価格]
フォトベンチ160:¥1,200,000(税別)
フォトベンチ260:¥1,400,000(税別)

「フォトベンチ160」「フォトベンチ260」の詳細はこちらをご覧ください。
http://www.photosimile.jp/item/photobench160.html
http://www.photosimile.jp/item/photobench260.html


【第6回 Web&モバイルマーケティング EXPO 春 概要】
会期  :2012年5月9日(水)~11日(金)
     午前10時~午後6時
     ※11日(金)のみ午後5時まで
会場  :東京ビッグサイト 西ホール ブースNo.15-42
備考  :ご招待券ご持参のお客様は入場無料となります。(通常5,000円)
※ご招待券のご希望ございましたら、お気軽にお申し付けください。
弊社より送付させて頂きます。


【株式会社アポロクリエイト 会社概要】
社名  : 株式会社アポロクリエイト
所在地 : 〒216-0004 神奈川県川崎市宮前区鷺沼1-23-6-207
      TEL 044-948-7551
代表者 : 代表取締役 鳴海 千尋
設立  : 2003年3月
資本金 : 1,000万円
事業内容: 3D(360°立体)写真撮影システム(Ortery Photosimile)の販売
      各メーカーのトナー、インクの卸、小売販売
      リサイクルトナー、リサイクルインクの販売
      Web制作、SEOコンサルタント、営業コンサルタント
URL   : http://www.photosimile.jp


【お客様からの本件に関するお問い合わせ先】
株式会社アポロクリエイト
TEL  : 044-948-7551
Eメール: support@photosimile.jp

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

フォトベンチ260

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング