ノーチラス・テクノロジーズ、アンデルセンサービスの原価計算の基幹バッチ処理をAsakusa Framework(TM) / Hadoopにて12分の1の時間に短縮

@Press / 2012年5月7日 13時0分

株式会社ノーチラス・テクノロジーズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:神林 飛志、以下 ノーチラス)は、ノーチラスが開発したAsakusa Framework(TM) (*1) (以下 Asakusa)を利用して株式会社アンデルセンサービス(以下 アンデルセンサービス)の基幹システム原価計算バッチ処理システムを構築し、バッチ処理時間を4時間から20分に短縮いたしました。2012年4月に本稼働を開始しています。

またノーチラスは、アマゾン ウェブ サービス(以下 AWS)のクラウドサービス(※)の利用を推奨することにより、アンデルセンサービスはインフラ構築の時間を大幅に短縮、初期コストも低減し、Hadoopのクラスタを早期に準備することができました。また、AWSの従量課金体系により、オンプレミス想定構築運用費用と比較し、約10分の1に運用コストを低減することができました。さらに、Amazon Virtual Private Cloud(ヴァーチャルプライベートクラウド、以下 Amazon VPC)を活用することにより、アンデルセンサービスはクラウド上に重要なデータを送信することに対する不安を払拭しています。

(※)今回、システムを構築するにあたり、AWSが提供しているクラウドサービスのうち、AWSが東京リージョンで提供しているAmazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2(R))、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3)及びAmazon VPCの3つのサービスを採用しました。


【アンデルセンサービスの事例】
直営ベーカリーの運営、ベイクオフのベーカリーやカフェのFC展開、スーパーやコンビニエンスストアへのパン・菓子の製造・卸販売、業務用のパン・菓子の卸販売などのベーカリー事業を営むアンデルセングループのシステムを支えるアンデルセンサービスでは、原材料原価を積み上げ、製品原価を算出するバッチ処理にRDBの処理で毎日4時間もかかっていました。
また、原価が変動した場合に、製品価格のシミュレーションを何度も行うことが難しく、的確な判断を下すのが困難でした。
ノーチラスは、アンデルセンサービスでのバッチ処理時間の短縮を行うために、従来のPL/SQLのプログラムを、Asakusaを利用しHadoopのMapReduceアプリケーションに書き換えることを提案し、構築しました。これにより、それまで4時間かかっていたバッチ処理を20分まで短縮することに成功しました。しかも既存DBサーバーで実施していた処理を切り出すことで、サーバーの負荷を下げることに成功しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング