サテライトオフィス、Google Apps (TM)を、ガラ携帯で利用するサービスを無償提供

@Press / 2012年5月9日 10時0分

Google Enterprise Partner であり、Google Apps for Business (以下 Google Apps )の販売代理店である株式会社サテライトオフィス(本社:東京都江東区、代表取締役社長:原口 豊 http://www.sateraito.jp/ )は、Google の Google Apps を使った社内情報システム導入支援サービスの中で、Google Appsをガラ携帯から利用可能にするサービス(サテライトオフィス・ガラ携帯アプリ for Google Apps )を無償提供いたします。

サテライトオフィスは、Google Apps 導入支援の中で、Google Apps で利用可能なビジネステンプレート、ワークフロー、シングルサインオン、組織管理機能などを提供しております。現在、ガラ携帯の機種によって、Google Apps が利用できない端末が多くあります。Google Apps を、ガラ携帯(フューチャーフォン)から利用できるサービスを無償提供することにより、古い機種のガラ携帯でも、幅広く Google Apps をご利用できるようにいたしました。


サテライトオフィス・ガラ携帯 for Google Apps の機能は下記の通り。

1.Google Apps にログインが可能
2.クッキーレス端末をサポート
3.端末IDによるログイン制限が可能
4.ガラ携帯から Google Apps を利用できるメンバーを限定することが可能
5.メールの閲覧、作成、返信、転送、アーカイブが可能
6.個人アドレス帳の参照が可能
7.カレンダーの閲覧、作成、編集、削除が可能
8.共有カレンダーの閲覧、作成、編集、削除が可能(アクセス権限は、Google カレンダーに準拠)
9.他システムのメニュー追加が可能(例:社内ワークフローリンクを作るなど)


<サテライトオフィス・ガラ携帯アプリ for Google Apps に関するURL>
http://www.sateraito.jp/Google_Apps_Garakeitai.html


【株式会社サテライトオフィスについて】
サテライトオフィスは、社内アイデア6%ルールから設立され、リモート環境・サテライト環境でビジネス支援を目指す事を目的とし、旧ベイテックシステムズから社名変更いたしました。

Google Enterprise Partner は、Google が保有する企業向けソリューションに付加価値をつけるサービス、ソリューションを提供するシステムインテグレーター、コンサルタント、独立系ソフトウェアベンダーから構成されます。
Google 認定のトレーニングを受講した Google 企業向け製品のスペシャリストであり、且つ、各社プロフェッショナル分野からのコンサルティングと共に Google 企業向けソリューションの提案、販売を行うパートナーです。Google Enterprise Partner に関する詳細は、 http://www.google.com/enterprise/gep をご確認ください。

<株式会社サテライトオフィスに関するURL>
http://www.sateraito.jp/

<Google Apps について>
http://www.google.co.jp/a/

※Google ,Google Apps ,Google ドキュメントは Google Incの商標、または登録商標です。その他、掲載された社名及び製品名、サービス名は各社の商標又は登録商標です。


<株式会社サテライトオフィス 会社概要>
◆社名  : 株式会社サテライトオフィス
       URL http://www.sateraito.jp
◆資本金 : 7,000万円
◆代表者名: 原口 豊
◆社員数 : 45名(含契約社員)
◆所在地 : 〒135-0016 東京都江東区東陽2-2-4 マニュライフプレイス東陽町3F
◆業務内容
株式会社サテライトオフィスは、クラウド環境またはサテライト環境でのビジネス支援に特化したインターネットシステムソリューションベンダーです。あらゆるビジネスモデルに最適なソリューションパッケージにより、ユーザーの立場に立った戦略の企画・提案を行っています。また、「サテライトオフィス・プロジェクト」というプロジェクト体制のもと、Google Apps を使った社内情報システムの導入支援サービス、クラウドコンピューティングのビジネスの可能性を追及していきます。2008年より Google Enterprise Partner として、Google に認定された技術をもって、よりユーザー満足度を追求した製品開発・サービス提供に努めております。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング