日本最大級のMDMサービス CLOMO MDMが大幅進化!

@Press / 2012年5月8日 11時30分

管理ポリシーの自動適用
株式会社アイキューブドシステムズ(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:佐々木 勉)は、2012年5月8日より、管理者向け機能を大幅に強化したスマートデバイスのリモート管理サービス「CLOMO MDM」の強化バージョンの提供を開始致します。

これまで企業の情報システム部門では、大量のスマートフォンやタブレットが、複数拠点、グループ関連会社に導入された際に、それぞれ異なるITポリシーで運用管理するために、大変煩雑な作業が発生することが課題となっていました。さらに、これら個別作業は、ITポリシー順守の漏れを招き、潜在的なセキュリティリスクを抱えかねない状況でした。

この課題を解決するため、アイキューブドシステムズは、業界に先駆けて、日本最大級のMDMサービスであるCLOMO MDMに「ITポリシーの自動適用」「管理者権限の階層化」「ポリシー違反検知と通知」という3つの機能を実装しました。これら3つの機能の提供により以下を実現します。

(1) 組織ごとにITポリシーを事前設定・自動適用できるため、組織変更や異動の際に、計画的で適切なITポリシー反映を可能にします。
(2) 管理者権限の階層化により、管理機能の一部を社外運用アウトソーシングや、部署ごとの管理者を設置する等、柔軟な運用が可能となります。
(3) ITポリシー違反を検知し、管理者宛にメールで通知できるため、迅速な対応が行え、より強固なセキュリティ体制構築が可能となります。

なお、本機能はCLOMO MDMをご利用中のユーザー様、新規ご契約ユーザー様にご利用頂けます。


<主な新機能>
◯ ITポリシーの自動適用
・組織や部門毎への事前ITポリシー設定
- 組織や部門ごとにITポリシーの設定ができます。
・端末のアクティベーションや組織異動時に、事前に設定されたITポリシーの自動適用
- ITポリシーが予め設定された組織や部門に対して新たに追加された端末には、そのITポリシーが自動的に適用されます。

◯ 管理者権限の階層化
・「管理者」「部門管理者」「オペレーター」と権限の違う3種類の権限構成
- 組織や部門を横断して端末管理を行う「管理者」の下に「部門管理者」「オペレーター」という管理権限を制限した管理者を設定できます。
・必要に応じた管理者の権限カスタマイズ
- 「管理者」が組織や部門のルールに基づいて「部門管理者」「オペレーター」に付与する権限を自由にカスタマイズが可能です。
・部門管理者およびオペレーターは、設定権限による端末情報の把握と操作制限
- 「管理者」は「部門管理者」および「オペレーター」の権限を設定でき、管理を委譲する端末を自由に設定可能です。

@Press

トピックスRSS

ランキング