オレンジソフト、Gmailとメールゲートウェイの連携ソリューション「Gmリレー」を発表

@Press / 2012年5月10日 10時30分

電子メール関連システムの開発・販売を行う株式会社オレンジソフト(本社:東京都品川区、代表取締役:日比野 洋克)は、Gmailとメールゲートウェイを連携するためのソリューション「Gmリレー」の提供を開始しました。


■概要
Gmリレーは、Gmailで送信するメールを、メールアーカイブ、メールフィルター等のユーザーが設置したメールゲートウェイに中継するためのソリューションです。

メールゲートウェイに中継する仕組みはGoogle Apps側が提供している機能ですが、中継するためには、オープンリレー防止等の各種対策を中継するメールゲートウェイ側で行う必要があります。Gmリレーは、これらの対策を容易に実現することを目的としたソリューションです。


■用途
Gmailは、メールのフィルタリング、保留、暗号化、アーカイブ等の機能を提供していません。Gmリレーを用いることで、これらの機能を提供するメールゲートウェイ(当社のsafeAttachシリーズ等)と連携し、Gmailを独自に拡張することができます。


■メリット
Gmリレーは、メールの送受信経路を変更するソリューションなので、ユーザーはGmailのwebメールやアプリはそのまま使用することができます。

※GmリレーはGoogle Apps For Businessで使用できます。Google Apps(無償版)や、個人使用のGmailでは使用できません。


■価格
弊社担当までお問い合わせください。


■オレンジソフトについて
オレンジソフトは、1994年にWindows対応メールアプリケーション「Winbiff」の開発・販売以来、WEBメール製品「xgate」、メール誤送信対策システムの「safeAttach」など電子メール専業企業として電子メール利用における利便性、安心と信頼を提供できる製品の開発・販売を行っております。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング