カナダの大規模植林プロジェクトへボランティアを派遣

@Press / 2012年5月8日 15時30分

TOEFL(R)テスト日本事務局と海外ボランティア・海外研修などを手がける国際教育交流NPOの国際教育交換協議会(CIEE)日本代表部では、北米最大の植林活動を行う団体「Green Legacy」へボランティアの派遣を行います。ボランティアはカナダ東部オンタリオ州ウェリントン郡にて、2012年7月から9月の期間、カナダ国内外から参加するボランティアの一員として植林などに携わり、カナダ国内の環境保全に貢献します。英語力やボランティア経験は問わず、広く学生、社会人、一般からの参加を募集します。


【地球サイズの出会い、発見、成長 ~CIEE海外ボランティア~】
1965年の日本代表部創立以来、CIEEでは海外の大学を拠点とした研修を大学生、教員、社会人を対象として実施。新しい時代のニーズに応え、1995年「国際ボランティアプロジェクト」を開始し、海外へボランティアの派遣を始めました。地域、活動内容を拡大しつつ、これまでの参加者数は2012年中にのべ1万人に達する見込みです。
ボランティア活動を通しての出会いと異文化体験は、地域貢献だけでなく、参加者の成長にもつながり、大学キャンパス内での説明会開催や単位認定などCIEE海外ボランティアプログラムが全国の大学で支持されています。


【環境保護活動とホームステイ体験を合わせた短期プログラム】
CIEEでは、Green Legacyの活動を、トロント郊外グエルフ市に滞在し週単位で参加できるプログラム「トロント郊外で植林ボランティア&ホームステイ」として参加者を募集します。ボランティア活動に加え、ホストファミリーと生活し地域に密着した体験ができます。
参加要件に英語力やボランティア経験などは設けておらず、現地スタッフのサポートを受けながら活動できます。

●活動期間:2012年7月1日~9月30日(1週間~4週間まで週単位での参加)
●対象  :18歳以上(高校生不可)
●詳しい募集要項・お申込み方法はCIEE Webサイトをご覧ください
http://www.cieej.or.jp/
 CIEEで検索>海外体験プログラム>ボランティア&ホームステイ(カナダ)


【Green Legacy(グリーン・レガシー)】
2004年、カナダ オンタリオ州のウェリントン郡が15万本の植林を行い始まったプロジェクト。その後毎年、千本ずつ数を増やし、2010年までに累計100万本の植林を達成しました。2012年は15万8千本以上の植林を目標としており、4月の時点で8万本が植えられました。
現在は、地域の児童や生徒、一般市民による参加の他、企業研修としての利用、海外からの参加など、年間8千名のボランティアがこのプロジェクトに参加しています。この活動により、ウェリントン郡の人口(約8万9千人)1人当たり2本の木が毎年増えていることになります。オンタリオ州全体では2020年までに5千万本の植林を目指しており、広大な大地に恵まれながらも乱開発をしないカナダの取組みの一つ、気候変動への具体的な行動の一つとして注目されています。

@Press

トピックスRSS

ランキング