0・1・2歳の親子のための新しいKUMON 6月より新教育サービス「Baby Kumon」スタート!

@Press / 2012年5月10日 14時30分

 日本公文教育研究会(代表取締役社長:児玉 皓二(こだま こうじ))は、6月より、全国約8,000の公文式教室で、0・1・2歳のお子さまとお母さま向けの新しい教育サービス「Baby Kumon(ベビークモン)」をスタートいたします。
 Baby Kumonは、「親子のきずなをはぐくみ、まなびの土台をつくる」をコンセプトに、歌と読み聞かせを中心とした親子のやりとりをご家庭で楽しんでいただくための「Baby Kumonセット」と、月に1回公文式教室でくもんの先生から親子のコミュニケーションについてのサポートを受けられる「Baby Kumonタイム」を組み合わせた、新しい教育サービスです。
 KUMONの半世紀以上にわたる教室での実践と、2007年からスタートした子育て応援活動を通していただいた声を形にした、KUMONだからこそ提供できる教育サービス、それがBaby Kumonです。

※Baby Kumonサイト: http://www.kumon.ne.jp/babykumon/index.html


【Baby Kumonの概要】
コンセプト : 親子のきずなをはぐくみ、まなびの土台をつくる
対象    : 0歳~2歳のお子さまとお母さま
価格    : 月々2,100円(税込)
サービス内容: 歌と読み聞かせを中心とした親子のやりとりをご家庭で楽し
        んでいただくための「Baby Kumonセット」と、月に1回公文
        式教室でくもんの先生から親子のコミュニケーションについ
        てのサポートを受けられる「Baby Kumonタイム」を組み合わ
        せた教育サービス

*Baby KumonセットはBaby Kumon1号~12号、Baby Kumon Advanced 1号~6号(全18号)まであります。0~1歳台は Baby Kumon1号から、2歳台はBaby Kumon Advanced 1号からスタートします。Baby Kumon1~12号は、「親子いっしょに楽しめ、きずなをつくる親の関わり方」、Baby Kumon Advanced1~6号は、「主に2歳台から子どもの自立に向けた親の関わり方」がテーマとなっています。

《Baby Kumonが考える子育てに大切な5つの要素》
Baby Kumonでは、子育てで大切にしたい要素には「よく見る」・「広げる」・「ほめる」・「待つ」・「続ける」という5つがあると考えています。お母さまがこれら5つのポイントを意識したやりとりができるように「Baby Kumonセット」のテーマとして順にとりあげていきます。
●よく見る・・・表情やしぐさに表れた気持ちや、小さな成長を楽しんで見つけ、
        気づき、応えてあげる。
●広げる ・・・子どもの好きなことや興味のあることをふくらませたり、
        いろいろなものを使って親子でやりとりを楽しんだりする。
●ほめる ・・・子どもや自分自身の変化・成長を見つけてほめ、喜び、
        自信につなげる。
●待つ  ・・・子どもが何かしようとしているときは見守り、待ち、
        必要なときにはいつでも手助けする。
●続ける ・・・歌いかけや読み聞かせなどの「ことばのやりとり」を
        子どものペースに合わせて続ける。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング