シチズン時計のWEBマガジン「リアルスケール」 時に関するアンケート 第16回『みんなの女子会・男子会事情』調査報告 3次会!朝まで!意外や意外、エネルギッシュな最年長世代

@Press / 2012年5月9日 11時0分

図1:女子会・男子会を行う時間 / 全体・年齢
 シチズン時計株式会社(本社:東京都西東京市、社長:海野 幹夫)が提供するWEBマガジン「リアルスケール( http://www.realscale.jp )」編集部は、全国の男女を対象に時に関するアンケートで、時に関する意識・実態調査 第16回『みんなの女子会・男子会事情』を実施いたしました。

調査結果⇒ http://www.realscale.jp/voice/answer/16/
別添資料: http://www.atpress.ne.jp/releases/27175/z_5.pdf


★3次会!朝まで!意外や意外、エネルギッシュな最年長世代
 女子会・男子会をどれ位の時間行なっているか、世代別の比較。20代以上の世代に注目した場合、回答のボリュームゾーンである『2時間程度』『3時間程度』を見ると、若い世代ほど、『3時間程度』の方が多く回答されており、50代、60歳以上ではどちらもほぼ同数という結果に。やはり、“喋り足りない”“もっと遊びたい”という方が、若い世代ほど多いということのようです。
 60歳以上に注目すると、比較的短時間な、『2時間程度』の回答が、世代間で最も多い一方、長時間である『5時間程度』の回答は減少傾向の中で再び増加。20代、30代に次いで多い9.6%という結果に。他の世代同様に『30分程度』~『2時間程度』の短時間派が増加している反面、『5時間程度』の長時間派も顕著に増加しており、両極化の傾向が窺えます。
 『5時間程度』の長時間派が増加している理由としては、退職して時間にゆとりができた等が考えられます。また、意外な一面としては、その活動力の高さを示しているとも言えそうです。寄せられたコメントでは、「男同士で遠慮がいらず、気兼ねもしない、言いたい放題、どんだけ飲んでも平気、最長朝まで!!(和歌山県・男性)」「年に2回ほど前の会社の連中と飲んでいます。年齢層は今現役のやつで30代、リタイヤ組みで60代ですが。言いたいことをいい、いつも2次会・3次会はカラオケと、家に帰るのが午前様になります。いつも楽しいときを過ごしています。現役世代に感謝!!(千葉県・男性)」等があり、第一線を退いた後も、活動的に人生を謳歌している様子が窺えるエピソードが多数寄せられました。

<図1:女子会・男子会を行う時間/全体・年齢 (N=1,885 女子会・男子会経験者のみ回答)>
http://www.atpress.ne.jp/releases/27175/b_1.gif

@Press

トピックスRSS

ランキング