坂東三津五郎さんが応援団長に就任!第1回「日本城郭検定」2012年11月11日開催決定

@Press / 2012年5月10日 9時30分

城郭検定イメージ写真
第1回「日本城郭検定」が2012年11月11日、全国5エリア(会津若松・東京・犬山・大阪・熊本)で開催されることが決定致しました。この検定は財団法人日本城郭協会(所在地:東京都世田谷区、会長:新谷 洋二)が主催し、日本出版販売株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:古屋 文明、略称:日販)が企画・運営を務めます。

日本の城は世界に誇るべき文化遺産であり、地域の観光のシンボルとして常に日本人の心のよりどころになってきました。時には権力を誇示するため、時には戦に備えるため、時代や地域により形を変えてきた城。先人の英知の結晶である城についての知識を問う検定を実施することで、人々の城を見る視点を磨き、その奥深い魅力を後世に伝えていきたいと考えます。

まず第1回目は日本を代表する城として日本城郭協会により選定された“日本の100名城”( http://www7a.biglobe.ne.jp/~nihonjokaku/100meijo.html )を出題範囲にした「日本100名城編」3級、2級を実施します。検定の公式ガイドブックは株式会社学研パブリッシングより発行されている「日本100名城公式ガイドブック」(定価:本体1,500円)および同社より7月中旬に発売される「日本城郭検定公式問題集(仮名)」の2冊とします。

「日本城郭検定」は東京・大阪、そして全国の城ファンから支持の高い会津若松城、犬山城、熊本城の所在地である会津若松(福島)、犬山(愛知)、熊本の5エリアで開催いたします。


開催にあたり当検定の応援団長に就任された、歌舞伎役者 坂東三津五郎さんに、以下のようにコメントを寄せていただいています。

 日本の空、日本の緑に、一番美しく映えるのが日本の城だと、私は強く信じています。
 城はその自然を活かして造るため、百の城があれば、百の趣があり、興味が尽きることはありません。
 この大切な日本の財産を、愛し守り抜いていく仲間を、皆さんと共に増やしていきたいと願っております。

また、この検定のマスコットキャラクターを募集し、採用されたキャラクターは検定の宣伝隊長として活躍してもらう予定です(6月11日締切。詳しくは“公募ガイド”6月号もしくは「日本城郭検定」公式ホームページを参照)。

当検定は日販が運営する検定ポータルサイト「検定、受け付けてます」内の公式ホームページ( http://www.kentei-uketsuke.com/shiro/ )にて、7月中旬より申し込み受付を開始するとともに全国の主要書店店頭に設置される検定専用の願書(郵便払込票)でも、申し込みを受け付ける予定です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング