東京・大田区「蒲田よしのクリニック(内科)」で新たに各種の点滴療法を本格開始

@Press / 2012年5月9日 16時30分

 「蒲田よしのクリニック」(所在地:東京都大田区蒲田、院長:吉野 真人)では、2011年11月のオープン以来、一般内科とラドン温浴療法を柱に診療に当たってきましたが、このほど新たに各種の注射・点滴療法を開始しました。


●ラドン温浴と並んで各種点滴療法を開始した背景
 当院は薬や検査などに過度に頼らず、人間のもつ「自然治癒力」を向上させることを通じ、病気の治療や予防、健康増進に取り組んでいくことをコンセプトとして診療活動を行なっております。
 そのコンセプトに沿った診療の一つとして、当院では「ラドン温浴療法」を患者様に提供してきました。オープン以来半年間で多くの方々がラドン温浴に取り組み、ガンや糖尿病、高血圧、うつ病、関節リウマチ、痙性斜頸、更年期障害など多くの疾患や体調不良に優れた効果を挙げてきました。

 そうした中で地域の方々から、「プラセンタ注射」や「にんにく注射」をしてほしい、という要望をいくつも頂きました。またガン患者の方から、高濃度ビタミンC点滴をしてほしい、というリクエストもありました。そこで当院では充分な準備を進めた上で、プラセンタ注射やにんにく注射、高濃度ビタミンC点滴を開始しました。さらに、これら各種注射・点滴とラドン温浴療法との併用を試みて現在に至っています。


【1】プラセンタ注射
○プラセンタとは?
 プラセンタとは胎盤の意味で、胎児が発育していく段階で生産されるいろいろな栄養素や各種成分が豊富に含まれており、それから抽出した成分は古くから滋養強壮、若返りの薬として珍重され、一部の漢方薬の配合にも使用されています。プラセンタは体内において様々な調整作用をもち、細胞や組織の機能を本来あるべき状態に戻そうとする力を発揮します。

 プラセンタ注射は当院に於いて、更年期障害、肝機能障害をはじめ、花粉症などアレルギー疾患、自律神経失調症、うつ病、糖尿病、高血圧など多くの疾患に著効を示し、およそ9割以上の方々に何らかの効果を認めております。

○プラセンタの効能
 慢性胃炎、胃潰瘍、高血圧、気管支喘息、慢性気管支炎、貧血、慢性疲労、便秘、更年期障害(動悸・息切れ・不眠)、月経困難症の改善、冷え性、生理痛、アトピー性皮膚炎、湿疹、しみ、そばかす、しわ、にきび、メニエール病、花粉症、慢性関節リウマチ、変形性関節症、神経痛、腰痛、肩こり、うつ病、神経症、自律神経失調症、不眠症、慢性疲労、ホルモンバランスの調節、風邪予防等

@Press

トピックスRSS

ランキング