マタニティママ・産後ママに“意識や悩み”をアンケート! ~子どもの将来設計など消費意欲が高い一方、自分の美容面も気になる!?~

@Press / 2012年5月10日 11時0分

グラフ1
総合マーケティングパートナー E-グラフィックス コミュニケーションズ株式会社(所在地:東京都三鷹市、代表取締役社長:鈴木 裕)のブランドデリバリー室に籍をおく、東京流通研究所(所在地:東京都中央区、以下:TRK)では、2012年4月7~8日の2日間、パシフィコ横浜で開催された「マタニティ&ベビーフェスタ2012」(主催:一般社団法人日本マタニティフィットネス協会※)来場の女性を対象にアンケート調査を実施し、295名の有効回答を得ました。

近年、少子化の一因として、女性の晩婚化、晩産化を指摘する声がありますが、実際の出産、子育てに直面している女性の意識や悩みを、フェスタ来場者へのアンケートで探ってみました。

※本フェスタ主催の一般社団法人日本マタニティフィットネス協会は、マタニティ期・産後期の女性や、ベビーを対象にした、各種フィットネスプログラムを医師団により研究開発しており、認定インストラクターや認定登録施設を通して提供し、妊婦の安全な出産、産後期のママのケアやお子さまの健やかな発育を支援している団体です。


■調査結果ピックアップ■
<今後、日本マタニティフィットネス協会に期待する情報内容>
マタニティ&ベビーフェスタ主催者である日本マタニティフィットネス協会からの情報提供の内容として、マタニティママが関心のある項目を確認した結果、「産後もきれいな身体を維持する方法」「産後の体力回復法」「マタニティ期の運動不足の解消法」が特に高くなっています。産後ママで最も高かったのは、「ベビーのための調理方法」、次いで「産後もきれいな身体を維持する方法」でした。

調査結果: http://www.atpress.ne.jp/releases/27186/a_1.jpg


<今後の商品・サービスへの購入・買い替えの検討(育児用品以外)>
マタニティママも産後ママも、商品やサービスに対する消費意欲は高くあります。マタニティママの検討割合が、産後ママを上回っているということは、商品やサービスへの購入(買い替え)意識が、マタニティ期の段階から始まっていることの表れと考えられます。

調査結果: http://www.atpress.ne.jp/releases/27186/b_2.jpg


<両親の居住場所>
両親の居住場所で最も多かったのは、「車で普段行き来できる距離のところ」で全体の34%となっています。「同居」から「車で普段行き来できる距離のところ」までを合わせた割合は72%と、回答者の多くは、両親が普段会える距離に住んでいる状況にあります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング