GeminiのCloudianとCitrixが提携 CloudStackにおけるS3準拠クラウドストレージのシームレス展開が可能に

@Press / 2012年5月10日 14時30分

2012年5月9日、サンフランシスコ、Citrix Synergy、903ブース ― 本日、ジェミナイ・モバイル・テクノロジーズ(以下、「Gemini」)は業界最高水準のクラウドストレージ・ソフトウェアであるCloudian(R)(クラウディアン)と、現在、Apacheソフトウェア財団がインキュベーションしているオープンソースのApache CloudStack(クラウドスタック)プロジェクト、Citrix CloudPlatformとの統合を発表しました。この統合によりクラウドサービス・プロバイダーやエンタープライズは、最先端のクラウドコンピューティング基盤を備えたS3準拠のクラウドストレージを迅速かつ高い費用対効果で、シームレスに展開できるようなります。

CloudianとApache CloudStackの統合は、S3準拠のクラウド・オブジェクトストレージサービスをCloudStackのクラウド・コンピュート環境におけるファイルシステム要件に合致させるものです。これにより、CloudStackのユーザーやユーザーのアプリケーションには次のメリットがあります。

(1) CloudStackのユーザーやユーザーのアプリケーションは、通常のCloudianのユーザーと同様に直接S3のクラウドストレージを使うことができ、S3エコシステムの多様なツールやアプリケーションが利用できるというS3準拠のメリットを享受できます。
(2) CloudStackのテンプレートやスナップショットは、Cloudianを通じて一元管理されながら、Cloudianのマルチ・データセンター対応のストレージ機能を使い複数のデータセンターやCloudStackのZone(ゾーン)をまたがる利用が可能になります。また、クラウド環境内のアプリケーションのデータバックアップや復旧が可能になります。
(3) Cloudianのクラウド管理コンソール(Cloud Management Console)とCloudStackの統合により、クラウドサービス・プロバイダーやそのユーザーは直感的に利用できるユーザー・インタフェースを介し、クラウドストレージやクラウドコンピューティング・サービスにアクセス、管理できます。

「今クラウドコンピューティングはあらゆる業界、地域、組織の規模を超えて広く採用されつつあり、多様な応用シナリオに基づく事業へのITの適合化が進んでいますが、クラウドストレージは不可欠であり、最優先事項です。」とCitrixのクラウド・プラットフォームマーケティング担当の副社長、Peter Ulander氏は語ります。「Cloudianのオブジェクト・ストア技術は、拡張性や性能のみならず、Amazon Web Service(アマゾン・ウェブ・サービス)との準拠性や相互運用性という点で、弊社のクラウド・サービス構築のビジョンに良く適合します。Geminiとの提携により、顧客による真のAmazonスタイルのクラウド構築のお手伝いができることを楽しみにしています。」と述べています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング