1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

ラティス・テクノロジー、共同開発を経て製品化されるソリューション『XVL on 3DEXPERIENCE』の対談記事を公開

@Press / 2021年9月9日 13時0分

XVL on 3DEXPERIENCE プラットフォーム
軽量3Dフォーマット技術「XVL」をベースとした様々なソリューションを開発・提供しているラティス・テクノロジー株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:鳥谷 浩志)が、対談記事「XVL on 3DEXPERIENCEが実現する製造業のデジタルトラスフォーメーション」を公開したことをお知らせします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/272707/LL_img_272707_1.png
XVL on 3DEXPERIENCE プラットフォーム

■記事概要
製造業を取り巻く環境と働き方が大きく変化する中、フロントランナーであるトヨタ自動車株式会社とDassault Systemes(ダッソー・システムズ)は飽くなき挑戦を継続されています。
その挑戦の一つである『XVL on 3DEXPERIENCE(R)』が、約3年にわたるダッソー・システムズとラティス・テクノロジーの共同開発を経て製品化されます。
今回、このプロジェクトのキーマンである株式会社トヨタシステムズ 取締役 川添 浩史様、ダッソー・システムズ ENOVIA CEOのStephane Declee様に、ラティス・テクノロジー 鳥谷がリモート対談を行い、本プロジェクトへの想いをお聞きしました。

https://www.lattice.co.jp/news/2021/0907-special


■対談記事について
「SPECIAL対談」と題して、XVLソリューションを導入いただいている企業様の取り組みや、3D技術の歴史や進化など、3Dを中心とした多岐にわたるテーマのもと、ラティス・テクノロジー 代表取締役社長 鳥谷がインタビュアーとしてお話を伺う、2020年から公開を開始したラティス・テクノロジーの連載記事です。


■ラティス・テクノロジー株式会社について
ラティス・テクノロジーでは、デジタルトランスフォーメーションの重要性が叫ばれる中、DX時代を先取した「CAD+1」「Casual 3D」「3Dデジタルツイン」の3つのコンセプトに基づき、軽量3Dフォーマット技術「XVL」をベースとした様々なソリューションを開発・提供しています。
ラティス・テクノロジーの詳細は https://www.lattice.co.jp/ をご覧ください。

・商号 :ラティス・テクノロジー株式会社(Lattice Technology Co.,Ltd.)
・本社 :〒112-0004 東京都文京区後楽2-3-21 住友不動産飯田橋ビル10階
・代表 :代表取締役社長 鳥谷 浩志
・設立 :1997年10月
・資本金:7億円


■XVLとは?
ラティスが開発した世界トップ水準の性能を持つ3D軽量化技術です。製造現場に蓄積された3次元CADの大規模データを扱うソリューション基盤として国内外の数多くの企業で採用されています。


■その他
・「XVL」「Casual 3D」「3Dデジタルツイン」はラティス・テクノロジー株式会社の登録商標です。
・3DEXPERIENCE、Compass アイコン、3DS ロゴ、CATIA、BIOVIA、GEOVIA、SOLIDWORKS、3DVIA、ENOVIA、NETVIBES、MEDIDATA、CENTRIC PLM、3DEXCITE、SIMULIA、DELMIA および IFWE は、アメリカ合衆国、またはその他の国における、ダッソー・システムズ(ヴェルサイユ商業登記所に登記番号B 322 306 440で登録された、フランスにおける欧州会社)またはその子会社の登録商標または商標です。
・その他記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。


■ラティス・テクノロジー株式会社お問い合わせ先
https://www.lattice.co.jp/contact/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング