スマートフォン特化型広告配信システム「Bypass」において株式会社サイバーエージェントが運営する「CAMP」と連携

@Press / 2012年5月14日 9時30分

ngi group株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長:金子 陽三、証券コード:2497、以下「ngi group」)は、提供するスマートフォン特化型広告配信システム「Bypass」( http://www.bypass.jp/ja/ )において、株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田 晋、以下「サイバーエージェント」)の運営するインターネットマーケティングプラットフォーム「CAMP」( http://www.ca-mp.jp/ )との連携を開始致します。

「Bypass」は国内初のRTB(Real Time Bidding)※1に対応したスマートフォン特化型広告配信システムです。
サイバーエージェントが提供している「CAMP」と連携することにより、「CAMP」ワンタグを導入している広告主様は「CAMP」管理画面で「Bypass」のタグを設定するのみで、「Bypass」でコンバージョンの計測が可能となります。

この度、スマートフォン市場で大きな飛躍が期待されるRTB広告において、導入の手間なくRTB機能の魅力を体験していただくとともに、「CAMP」との相乗効果により、広告主様にとって広告収益の向上が期待できます。

今後、「Bypass」は国内外のスマートフォンSSP、アドエクスチェンジとのRTB接続を進め、サービスの拡充及びグローバル展開を加速致します。


【「Bypass」の主な機能】
・RTB(Real Time Bidding)
 インプレッションごとに広告の入札を行うことで、広告主のターゲットとしているユーザーに広告配信を行うことが可能

・広告効果自動最適化
 インプレッションごとに広告効果の予測を行い、広告主のCPAに見合う価格で広告の入札を行うことで広告効果の最適化を実現

・リターゲティング配信
 広告主サイトの訪問者の履歴を元に、その訪問者に再度広告を配信することが可能

・オーディエンスターゲティング
 近日実装予定


ngi groupでは今後も最新アドテクノロジーによる広告ソリューションを提供し、急速に拡大するスマートフォン広告市場においてリーディングポジションを獲得するべく全力で事業展開して参ります。


(※1) RTB(Real Time Bidding)とは
広告を閲覧するユーザーの行動履歴や広告が掲載される媒体の広告効果のデータをもとに、広告主がリアルタイムに広告枠のオークションに参加し、入札を行い、広告を掲載するしくみになります。

* ngi group株式会社は2012年6月22日開催予定の株主総会で、定款の一部変更が承認されることを条件として、商号を「モーションビート株式会社」に変更いたします。


■ngi group株式会社 会社概要
・商号     :ngi group株式会社 ( http://www.ngigroup.com/ )
・上場市場   :東京証券取引所マザーズ市場(証券コード2497)
・代表者    :代表執行役社長 金子 陽三
・事業所    :東京都港区北青山3-3-11 ルネ青山ビル6F
・設立年月日  :1998年2月20日
・資本金    :18億4,051万 ※2012年3月末現在
・主な事業の内容:インターネット関連事業、インベストメント&インキュベーション事業
・サービスサイト:
http://www.bypass.jp/ja/ (スマートフォン特化型広告配信システム)
http://ad-stir.com/ (スマートフォン向け新広告プラットフォーム)
https://admin.adsta.jp/ (学習するアドネットワーク AD-STAサイト)
https://adplatform.jp/ (広告配信統合管理システム)
http://seo.ngigroup.com/ (モバイルSEO RISEOサイト)


■本サービスに関するお問い合わせ・お申込み
ngi group 株式会社
DSP事業部
担当 : 岡部・長澤
Tel : 03-6821-0005
Email: sales_bypass@ngigroup.com

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング