『School Engine(スクール・エンジン)』のセキュリティ機能を大幅に向上 NTTコミュニケーションズのクラウド型仮想サーバー「教育機関向けクラウドサービス」にて提供を開始

@Press / 2012年5月15日 12時30分

 株式会社システムディ(所在地:京都市中京区、代表者:堂山 道生、以下:システムディ)は、クラウド型統合校務支援サービス『School Engine(スクール・エンジン)』をNTTコミュニケーションズ株式会社(所在地:東京都千代田区、代表:有馬 彰、以下:NTTコミュニケーションズ)のクラウド型仮想サーバー「教育機関向けクラウドサービス」上でセキュリティ機能を大幅に向上させ、2012年4月1日より提供を開始しました。

 「教育機関向けクラウドサービス」の仮想環境は、総務省のガイドラインを指針に財団法人マルチメディア振興センターが運用する「ASP・SaaS安全・信頼性に係る情報開示認定制度」の認定を受けており、安全・信頼性についての情報が適切に開示されています。


■クラウド型統合校務支援サービス『School Engine』の概要
 システムディが2010年4月よりサービスを開始したクラウド型統合校務支援『School Engine』は、現在、和歌山県、静岡県の県立高校をはじめ延べ580校の公立小中高校へサービス提供をしております。
 『School Engine』は指導要録の電子化、進路指導機能、帳票レイアウトツール等の機能を持ち、学校現場の業務効率を大幅に向上させるだけでなく、教育委員会の業務効率改善や情報一元化にも寄与し、教員が児童生徒に費やす時間を少しでも多く確保できることを目的とするサービスです。

 クラウド型校務支援サービス『School Engine』は、パソコンとインターネットへの接続環境さえあれば直ちにサービスを利用でき、しかも、月額定額料金のため導入時の初期費用や導入後の維持管理コストが大幅に削減できます。 サービス提供に関しては、教育事業で取り扱う情報の機密性の高さから、高度なサーバー管理やセキュリティの維持、障害対応、始業/終業時などの情報通信量の増減にも安定的なサービス提供が不可欠です。
 『School Engine』の情報提供基盤には、日本最大のデータセンター事業者であるNTTコミュニケーションズの豊富な経験に基づいて開発された、クラウド型仮想サーバー「教育機関向けクラウドサービス」を採用し、サービスの高度なセキュリティ確保と信頼性、安定性を実現しています。


■『School Engine』の機能概要
 『School Engine』は校務支援「te@chernavi」、メール連絡網「じんじん」、学校グループウェア「milim」の3つの機能をもちます。
・校務支援「te@chernavi」(小・中・高校・特別支援学校に対応)
 児童・生徒情報、成績・出欠・保健情報、進路指導情報を集中一括管理。
 情報の管理・登録から通知票・指導要録作成までを一貫して処理します。
・メール連絡網「じんじん」
 教育委員会・学校と保護者への一括メール配信を行います。
 緊急連絡・行事連絡等の各種連絡や参加集計機能を備え、学校と保護者の
 コミュニケーションに有効です。
・学校グループウェア「milim」(ミライム)
 学校専用設計のグループウェアで時間割単位での処理を実現します。
 掲示板・メッセージ・スケジュール管理・施設予約やアンケート機能など、 学校現場に必要な機能をシンプルにまとめました。

@Press

トピックスRSS

ランキング