データセクション、デジタルハーツと協業し「イノベーターズLab」を提供開始

@Press / 2012年5月15日 13時30分

 データセクション株式会社(本社所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:澤 博史、以下 データセクション)は株式会社デジタルハーツ(本社所在地:東京都新宿区、代表取締役社長CEO:宮澤 栄一、東証第一部:証券コード 3620、以下 デジタルハーツ)と協業し、企業のマーケティング・企画担当部門様を対象に、消費のプロ(以下、「イノベーター」)と共に革新的な商品・サービスを生み出すコンサルティングサービス「イノベーターズLab」の提供を平成24年5月14日より開始いたしました。


 昨今のデジタル製品やゲーム、コンテンツ業界においては、次々と新たな商品やサービスが開発されるとともに、そのスピードはさらに加速する傾向にあります。このような状況のもと、各企業様におかれましては、短期間で多くの消費者に受け入れられるよう、消費者の価値観に適合した商品・サービスの開発が求められております。またその際には、社内における閉じたアイデアだけでなく、企業外における消費のプロが持つ新たな知見を取り込むことが重要な課題となっております。

 データセクションは、「デジタルネイティブ層」と言われる学生の視点やアイデアを活かして新たな商品・サービスの企画の仮説を立案し、その仮説をソーシャルメディアを活用して検証するコンサルティングサービス「DNLab」を提供しております。
 デジタルハーツでは関連業界であるゲーム・モバイル・アミューズメント機器等に精通している多数のテスターを通じて、万全のセキュリティ体制のもと、コアユーザー層の深い視点による独自のモニタリングサービス「DH EYE」をご提供しております。

 この度、この2社が協業することで、イノベーターの深い視点・価値観・行動を取り入れ、革新的な商品・サービスを企画するコンサルティングサービス「イノベーターズLab」を開発いたしました。


【「イノベーターズLab」サービス概要】
 「イノベーターズLab」はイノベーターと企業のご担当者様が協同し、新商品・サービスのコンセプトを作り上げる発想会議です。これにより、企業様におかれましては、コンセプトを企画する過程にて、イノベーターの価値観をも肌で感じ取り理解することが可能となります。


1.サービス提供開始日
平成24年5月14日


2.「イノベーターズLab」プログラム構成
(1)ブレインストーミング
 複数のチーム(約8つ)に分かれ、各チーム毎に専用のブレインストーミングシートを用い、イノベーターに自由なアイデアを発想してもらいます。制限時間を設けてアイデアを絞り出すことで多数のアイデアを確実に生み出すことが可能となります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング