火災保険を活用した屋根修理をサポートする日本住宅被災調査センター 東京オフィスの運営を開始

@Press / 2012年5月15日 13時0分

屋根の被災状況の調査及び火災保険の申請代行を行う日本住宅被災調査センター( http://www.yane-shuri.com )はこの度、大阪オフィス(大阪市北区)に続くサポート拠点として、新宿区高田馬場において東京オフィスの運営を開始し、東日本のサポート体制を強化しました。


■日本住宅被災調査センターについて
火災保険が屋根の修理に適用できること、風災による災害でも申請可能なことは、一般の保険契約者にはあまり知られていません。
日本住宅被災調査センターでは、保険契約者の知識不足による火災保険の不払いの解消のため、被災状況の無料調査サービス、修理事例の紹介サイトなどをご提供しています。


■現在のサポート体制
施工提携業者140社
FC提携企業7社
紹介代理店240店


■提供サービスご紹介ホームページ
URL: http://www.yane-shuri.com


■東京オフィスについて
東京オフィスの運営開始により、東京・神奈川・千葉・埼玉など関東各県をはじめ、東日本のサポート体制を強化し、日本全国の屋根の健康状態の改善に取り組みます。


<日本住宅被災調査センター>
・東京オフィス
東京都新宿区高田馬場3-1-5

・大阪オフィス
大阪府大阪市北区曽根崎新地2-3-13

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング