アドイノベーション株式会社、スマートフォン広告効果測定システム「AdStore Tracking(アドストア・トラッキング)」にID情報取得・送信の確認機能を追加 ~auスマートパスに参加するアプリケーションでの広告効果測定を実現~

@Press / 2012年5月21日 9時30分

スマートフォン広告のコンサルティング事業を展開するアドイノベーション株式会社(所在地:東京都港区六本木、代表取締役社長:石森 博光)は、スマートフォン広告効果測定システム「AdStore Tracking(アドストア・トラッキング)」※1に、AndroidにおけるID情報の取得、および外部送信のユーザー確認機能を、広告主向けサービスに実装しました。

URL: http://tracking.adstore.jp/


本機能の実装により、広告主は、「auスマートパス」※2に登録している自社アプリケーションの広告効果測定が行えるようになります。

※1 「AdStore Tracking(アドストア・トラッキング)」は、スマートフォン(iPhone、Android端末)のリワード広告やアドネットワークなど、様々なスマートフォン広告の広告効果測定・解析が行えるASPサービスです。

※2 「auスマートパス」は、KDDI株式会社運営の、取り放題の500本以上のアプリに加え、クーポン、ポイントサービスや、ストレージ、セキュリティーとサポートを全て含めて月額390円(税込)で利用可能なサービスです。


▼背景・趣旨
2012年5月9日のKDDI株式会社からのリリースにもある通り、「auスマートパス」の会員数は、サービス開始からわずか2ヶ月で100万人を突破し、広告主にとって重要なマーケティングの場となっています。

広告主が、「auスマートパス」に自社アプリケーションを登録し、そのアプリケーションのプロモーションを行い、その効果計測のためにID情報を取得する場合は、アプリケーション初回起動時にユーザーに対し、ID情報取得、および外部送信の確認を行うことが必須となっています。

「auスマートパス」に登録したアプリケーションに対するプロモーション実施のニーズに応え、「AdStore Tracking」の効果計測用SDK(Software Development Kit。ソフトウェア開発キット)を用いて、ユーザーへのID情報取得、および外部送信の確認を行えるよう、機能追加を行いました。

これにより、広告主にてID情報取得確認機能の実装を行わなくとも、「AdStore Tracking」のSDKを使うことで、広告効果計測が行うことが出来るようになります。(確認画面で承諾を行ったユーザーのみに限る。)


▼サービス概要
◎追加した機能
・効果計測用SDK(Android向け)に、ID情報取得の確認画面表示機能を追加
・確認画面表示は、当該アプリケーションの初回起動時に表示
・その後も、任意のタイミングで確認画面の呼び出し、承諾内容の変更が可能
・確認画面表示の内容(文言)は、SDK側にて任意に設定が可能
・取得するID情報を「アプリケーション固有識別子」・「端末固有識別子」のいずれかから選択可能


【会社概要】
社名  : アドイノベーション株式会社
代表者 : 代表取締役社長 石森 博光
所在地 : 〒106-0032 東京都港区六本木6-8-10 STEP六本木ビルWEST
設立  : 2010年3月15日
URL   : http://adinnovation.co.jp/
事業内容: スマートフォン向けマーケティング事業、
      スマートフォン向けプラットフォーム事業、
      メディアコンサルティング事業


@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング