1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

高熱や嘔吐、ワクチン副反応の相談が10倍に急増 三軒茶屋の鍼治療で「ワクチン割引」スタート

@Press / 2021年9月2日 10時0分

完全予約制の鍼灸院
鍼とお灸の治療を行う「三軒茶屋はり灸イーゲル」(東京都世田谷区、代表:坂下 一博)は、新型コロナウイルスのワクチン接種による副反応についての相談が10倍に急増していることを受け、この度「ワクチン割引」を開始しました。

当院を初めて利用される患者に対し、通常45分コース7,700円(税込)のところを特別価格の6,600円(税込)で提供いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/273933/LL_img_273933_1.jpg
完全予約制の鍼灸院

【ワクチン副反応への不安と悩み広がる】
2021年4月12日から各地でワクチン接種が始まりました。地域によって差はありますが、高齢者から基礎疾患のある人、若い年齢へと段階を経て広まっています。そんな中、今、ワクチン接種後の副反応を訴える人が増えています。

多くは、倦怠感、高熱、関節の痛み、腕や肩の痛みなど。中には立ち上がれないほどのだるさや、嘔吐や下痢が続いて仕事を何日も休まざるを得ない人もいます。日本全体のワクチン接種率は2回目終了で、まだ4割強ほどです。ワクチン接種が広がるにつれて、これからも副反応に悩む人は出てくるとみられます。


【鍼灸院で副反応に悩む人が急増】
世田谷区の「三軒茶屋はり灸イーゲル」にも、ワクチン接種が一般的に広まった7月末あたりから、副反応の相談が10倍に急増しています。30代から40代の働き世代が中心です。打ったところの腕の痛み、肩や首の痛み、倦怠感など数日で改善されると思われていた副反応が、1週間たっても収まらないと訪れるケースが多いです。中にはどうにか治らないかといろいろなところに相談し、鍼灸院に初めて来たという人もいます。

一般的にコリや痛みがある箇所は、血流が滞っており筋肉が固くなっている状態です。鍼やお灸を通じて身体に刺激を与えると、筋肉の緊張が緩み血流が改善し新陳代謝がアップします。副反応の悩みで来院した患者にも、まず脈や舌の問診でその時の体調に合わせたツボを見極めます。その後、胃腸を整えるツボに鍼を施して倦怠感を緩和したり、ワクチンを打った腕の痛みと腫れには、鍼だけでなくお灸を施すことで緩めることができます。ほとんどのケースは、施術後すぐに、倦怠感がなくなって身体が軽くなったり、痛みが改善されています。


【ワクチン割引で接種の不安や体調不良を解消したい】
来院者からは「ワクチン接種後、肩の痛みと首がまったく動かなくなり、振り向くこともできず歩行するにも不便な状態でした。鍼治療を受けて、肩の痛みがとれ、すぐに首もスッと動くようになり、通常の生活ができホッと安心しています。(30代女性)」「倦怠感から嘔吐し、内科や整骨院に行ったものの治らず困っていたが、鍼治療をうけて身体が楽になり、心身ともに元気になりました。(40代女性)」という声をいただいています。

代表より「ワクチンを打った後の腕や肩の痛みや腫れなどで頭痛を感じる方もいます。背中が硬くなるケースも多々あります。こうした症状は、鍼治療で緊張をゆるめ、血流をよくすることで、緩和しますので、我慢なさらず、試してみるのもいいかと思います。」

三軒茶屋はり灸イーゲルでは、ワクチン接種前の不安や接種後の体調不良を解消してもらえればと、当院を初めて利用される患者に「ワクチン割引」のサービスを開始しました。通常、45分コース7,700円(税込)のところを6,600円(税込)で提供します。年内いっぱい実施する予定です。

「三軒茶屋はり灸イーゲル」 https://www.harikyu-igel.com/


《三軒茶屋はり灸イーゲル 概要》
所在地 : 〒154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋1-21-12 第一小川ビル402
三軒茶屋駅より徒歩6分
電話 : 070-2152-1388
診療時間: 9時~20時(不定休)
予約 : 完全予約制、電話・ホームページの問い合わせより受付


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

日本の鍼治療は細い鍼を使う お灸 「イーゲル」とは「ハリネズミ」の意味

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング