“インディペンデント”なヒト・モノ・コトを探求、発信するWEBマガジン「Be INDEPENDENT」を5月21日オープン! Why“INDEPENDENT”Now?

@Press / 2012年5月21日 11時0分

「Be INDEPENDENT」トップ
確たるビッグトレンドがない時代。
身に着けるものから、どう生きるかまで、
かつてのような絶対的な指針はなくなりました。

その一方、現在は誰もが自らを発信できる時代であり、
ひとりひとりが創造者になる可能性を秘めています。

そんな時代に価値があるのは、誰かが評価したものではなく、
自分の信念が“心底”共感したものではないでしょうか。

そう考え、私たちは新しいサイトを立ち上げました。

“Be INDEPENDENT”

この場所で語られるのは、時計ではなく、
“INDEPENDENTであることの価値”です。

例えば、INDEPENDENTな「ヒト」。
大芸術家に哲学者から、天才と紙一重の奇人まで。

例えば、INDEPENDENTな「モノ」。
名もなき職人の唯一無二の作品から、今も影響を与え続けるデザインの古典まで。

あらゆる分野のINDEPENDENTなヒト・モノ・コトを
INDEPENDENTな視点で発信し、問いかけ、共有する。

そんな場所が、本日5月21日に生まれます。
自分を揺るがすのは、人ではなく、自分になる―
訪れた人に、そんな変化が起こっていく場所が誕生しようとしています。


< 以下リリース本文 >

シチズン時計株式会社(本社:西東京市、代表取締役社長:青柳 良太)では、“自分らしくありたい”と考える若者をターゲットにしたWEBマガジン「Be INDEPENDENT」( http://be.independentwatch.com )を、『5月21日』にオープンします。

弊社では既に若者向けファッションウオッチ「INDEPENDENT」のブランドサイト( http://independentwatch.com )を展開しておりますが、新サイト「Be INDEPENDENT」( http://be.independentwatch.com )は、単なる情報プラットフォームとしてではなく、さまざまなインディペンデント(独立した・自由な価値観を持った)をモチーフとした情報を発信することにより、その情報に興味・関心を持ち共感した方が、最終的に「INDEPENDENT」ブランドのファンとなることを狙いとしています。

新サイトでは、“インディペンデント”なヒト・モノ・コトの情報やファッション等のトレンド情報を発信。また、雑誌との連動コンテンツも展開していく予定です。さらに、公式SNS(Twitter、Facebook)も開設、情報・話題の拡散・共有を図ります。


■既存のブランドサイト「INDEPENDENT」と新サイト「Be INDEPENDENT」のすみ分け(発信情報)

「INDEPENDENT」
○ブランドコンセプト・商品情報・商品インフォメーション・商品サポート情報 等

「Be INDEPENDENT」
○“インディペンデント”なヒト・モノ・コトで切り取る読み物コンテンツ
○“インディペンデント”周辺情報・コラボ情報
○コミュニティーサイトの役割(公式SNS開設) 等


■新サイトがターゲットとする世代の特徴
○高価格帯のブランドを好まず、一般的なカジュアルブランドを選ぶ。
○全てがパーフェクトであることを求めず、費用対効果考えて、コストパフォーマンスで商品を選ぶ。
○インターネット世代であり、個人単位で存在。社会におけるカテゴリーではなく、自分が好きなコミュニティーを選んでそこに属す。
○効率よく商品を吟味し、無理をしない範囲で消費を行う。


@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング