1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

太陽光定額利用サービス開始、初期費用0円で太陽光発電のある暮らしを実現 WITHEARTH×ソーラーエネカリ 9月1日より販売開始

@Press / 2021年9月2日 14時0分

事業概要図
株式会社ウィザースホーム(本社:千葉県千葉市中央区、代表取締役:神崎 智、以下 ウィザースホーム)は、東京電力グループのTEPCOホームテック株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:岩崎 辰之、以下 TEPCOホームテック)と協働し、太陽光発電システムを初期費用0円、月額定額で利用可能な『WITHEARTH×ソーラーエネカリ』(以下、本事業)の販売を2021年9月1日より開始いたします。


■本事業の背景について
本事業は、地球温暖化対策として国が掲げている「2030年に新築住宅の平均でZEHを目指す」というカーボンニュートラル社会の実現に向けて、ZEH住宅の普及による地球環境への貢献、お客様の光熱費の低減、災害時の非常用電源供給等を目的としております。


■本事業の概要について
本事業は、TEPCOホームテックが提供する、TPO(サード・パーティ・オーナーシップ)事業で、毎月の定額利用料をお支払いただくことで初期費用0円から太陽光発電システムをご自宅に導入できる、新しいエネルギー利用サービスです。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/274069/LL_img_274069_1.jpg
事業概要図

1 本事業のメリット
● 初期費用0円、毎月の定額利用料で太陽光発電システムをご利用いただけます。
● 発電による経済効果と月々の利用料を相殺することで、ランニングコスト低減いたします。
● 利用期間は10年間と15年間から選択可能で、利用期間満了後は機器を無償譲渡いたします。
● 故障した場合も、機器保証や風水害・落雷等、補償の対象内であれば無償で修理いたします。


2 本事業対象
● 対象住宅 :ウィザースホームの新築戸建て注文住宅
● 対象エリア:ウィザースホーム施工エリア内※1
※1 施工エリア:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、山梨県(各都県一部の地域を除く)

ウィザースホームとTEPCOホームテックは、本事業を通してZEH住宅の普及を促進し、地球環境への貢献及びお客様への快適かつ省エネルギーな住まいの提供を進めてまいります。


■本事業開始の特典について
ウィザースホームとTEPCOホームテック株式会社は、「WITHEARTH×ソーラーエネカリ」の販売開始を記念し、本事業契約のお客様「先着15組様」を対象に、カセットボンベで電気をつくる防災発電機をプレゼントいたします。製品の詳細につきましては、ウィザースホームまでお問合せください。


■ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス「ZEH」について
「ZEH(ゼッチ)=ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」とは、自宅で創ったエネルギーが自宅で使うエネルギーよりも多い、もしくはゼロになる先進の住まいのことです。政府は、家庭の消費エネルギー量の増加にともない、新築住宅の省エネ対策として段階的にエネルギー政策を推進。2020年までに「標準的な新築住宅をZEHにすること」※2を目標に掲げ、2030年には「新築住宅の平均でZEHを目指す」※3 計画です。そのため、住まいづくりの際には補助金制度などの優遇措置が設けられ、政府主導でイニシャルコストを低減。さらに、高性能な付加価値を持つZEH住宅は、将来売却するときにも市場で高く評価され、末永く高い資産価値を保ち続けます。
※2 ハウスメーカー、工務店等が施工する住宅の過半数がZEHになること。
※3 新築住宅全戸の平均でエネルギー消費量ゼロを達成すること。


ウィザースホーム公式HP: https://www.with-e-home.com/
TEPCOホームテックHP : https://www.tepco-ht.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング