1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

クラウドによるブレンディング型教育研修サービスの提供を開始~人事統合ソリューション「HRAサービス」のサービスラインを拡大~

@Press / 2012年5月24日 13時0分

1
さくら情報システム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:入江 昭彦)は、クラウドで提供する安全・信頼性の高い人事統合ソリューションである「HRAサービス」の新たなラインナップとして、教育ソリューション「Generalist(R)/LM」をベースとした「HRA教育研修サービス」を2012年6月よりサービス開始致します。

http://www.sakura-is.co.jp/products-services/ps-000-036.html


●企業の人材教育でのeラーニング利用の現状
従来、企業の人材教育におけるeラーニングはコンプライアンス(法令遵守)やCSR(企業の社会的責任)教育を中心に利用、活用されてきました。しかし、今後は、「攻めの教育」である人材育成開発と「守りの教育」である全社員への周知徹底教育を、社内外研修や通信教育など各種の教育研修を組み合わせた「ブレンディング教育」で行うなど、企業内でのeラーニングの利用範囲の拡大が求められています。


●「HRA教育研修サービス」について
さくら情報システムがご提供する「HRA教育研修サービス」は、お客様の教育体系に適合したeラーニングをはじめとする研修情報・運営のトータル管理を、短期間の導入で有効かつ効果的に実現します。また、クラウドでの提供である為、サーバの保守、データのバックアップ等の手間が不要となり、初期費用を抑えることができ、安価な月額料金で安心な教育研修の運用管理することが可能となります。
なお、「HRA教育研修サービス」は、単独での導入も可能ですが、人事・給与システムも併せて導入すれば、組織・社員情報や教育研修受講履歴情報と自動連動する事により常に最新情報を保持する事が可能です。


●今後の展望
さくら情報システムでは、「HRAサービス」の強みを生かして、大企業~中堅企業に向けて、「HRA教育研修サービス」を今後3年間で利用者20,000人導入することを目指します。「HRAサービス」は、SaaSやクラウドをにらみ、2002年よりASPでの提供を開始しました。安全性・信頼性に加え、セキュアなデータセンター、長年培ったシステム運用ノウハウをもち、さらに人事業務アウトソーシングの受託まで、ワンストップで提供しています。これからも人事総合ソリューションカンパニーとして更なる商品ラインナップの拡充に努めてまいります。


●「HRAサービス」について
「HRAサービス」は、Generalist(R)を利用し、さくら情報システムが提供する、安全・信頼性の高い人事総合ソリューションサービスです。
お客様の人事給与業務の効率化・コスト削減を実現するとともに、「人事コア業務に集中できる環境」を構築することにより、お客様の成長のお手伝いを行います。「HRAサービス」はIT活用、アウトソーシング化を軸に、さくら情報システムが所有するASPサービスとBPOサービスを組み合わせてご提供します。


●さくら情報システムについて
さくら情報システムは1972年に設立した、オージス総研・三井住友銀行のグループ企業です。40年に亘り、三井住友銀行およびグループ会社の基幹システムを支え、幅広いお客様にハイレベルなサービスを提供してまいりました。豊かな経験から培ったノウハウ、技術、信頼を基に、会計・金融・HR・セキュリティ・コソーシング(システム運用・アウトソーシング)の5つの強みを軸に、今後もお客様の課題解決をトータルにサポートしてまいります。


●Generalist(R)/LMについて
Generalist(R)/LMは、2001年に東芝グループ10万人規模のeラーニングとして誕生し、2001年の発売以来、ご利用企業数950社、ご利用人数のべ1,000万人の導入実績があります。数万人規模の教育でも高いパフォーマンスを維持できる製品となっています。
※Generalist(R)は東芝ソリューション株式会社の登録商標です。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング