小山薫堂が学長 新時代の「しかけ人」育成スクール『東京企画構想学舎』2012年度は2つの新しいプログラムにて展開

@Press / 2012年5月22日 9時30分

 東北芸術工科大学(学長:根岸吉太郎)と株式会社オレンジ・アンド・パートナーズ(代表取締役社長:小山薫堂)は、国内外の第一線で活躍する「しかけ人」たちを講師に、クリエイティブセンスとビジネスセンスを兼ね備えた企画者の輩出を目指す社会人スクール『東京企画構想学舎』(学長:小山薫堂)を2010年10月に設立し、これまでに2期を展開、約300名の学生・社会人が参加いたしました。第3期目となる2012年度の東京企画構想学舎では、新しく2つのプログラムを実施いたします。

東京企画構想学舎: http://gaien-tokyo.jp/kikaku/

 1つは、連続座学形式プログラムの「企画12社セミナー」です。昨今、規模の大小に関わらず様々な「チーム(組織)」が、ものの見方、生活のあり方をも変える独創的企画を送り出しています。昨年度までは「個=人」という視点で企画術を掘り下げてまいりましたが、個を越え、人が集うことで生み出されるチカラとは何なのか、そして、それを育むために行われていることとは何なのか、それらをこの講座を通して紐解いていきたいと考えます。

 もう1つは、実践演習形式の新設プログラム「企画実現学科」です。この講座では、いま最も勢いがありスピーディで、且つ、難しいともいえる「PC・スマートフォン向けアプリ企画・開発」分野に着目し、「クリエイティブセンス」と「ビジネスセンス」に「テクノロジー」を掛け合わせることで、実際に「企画をカタチにする(=実現する)」ことを目指します。
 さらに、「企画実現学科」創設に伴う試みとして、本講座から排出される優秀な人材に対し、株式会社オレンジ・アンド・パートナーズが中心となりクリエイターズコミュニティ「Orange Creative Lab(オレンジ・クリエイティブ・ラボ)」を創設し、産学共同の「人材育成モデル」として、人材とビジネスのマッチングを展開していく予定です。

 この度、6月1日(金)の夜に「企画実現学科」の詳細をご説明し、また、今年度の全体像をお伝えするためのプレイベントを東京・外苑キャンパスにて実施いたします。

■6月1日(金) 2012年度 東京企画構想学舎プレイベント概要

2012年度の東京企画構想学舎では、連続座学形式プログラム「企画12社セミナー」と実践演習形式のプログラム「企画実現学科」を新しく展開いたします。それにあたり、以下、新学科紹介を兼ねたプレイベントを実施いたします。奮ってご参加ください。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング