1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

ユームテクノロジー、「ブレンディッド・ラーニング」を講師向けに解説 ~「講師サミットオンライン」にて、9月17日(金)13時半~

@Press / 2021年9月9日 14時0分

小仁 聡(こに・さとし)
オンライン学習プラットフォーム「UMU(ユーム)」を展開しているユームテクノロジージャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:松田 しゅう平、 https://www.umujapan.co.jp 、以下、ユームテクノロジー)は、新リモート時代の人材育成学をテーマに「ブレンディッド・ラーニング」を講師向けに解説します。「講師サミットオンライン2021」にて、9月17日(金)13時半から2時間。ビジネスプロデューサー小仁 聡(こに・さとし)が担当します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/275051/LL_img_275051_1.jpg
小仁 聡(こに・さとし)

■ブレンド学習理論とUMUの関係
ユームテクノロジーが定義している「ブレンディッド・ラーニング」は、「複数の学びをブレンドして新たな学びを構築することで、学習効果を最大化し、パフォーマンス向上につなげるもの」です。

ブレンド学習の効果については既に研究が進んでいますが背景を3つの視点からまとめます。1つ目は、「2つの情報処理システムがある」。私たち人間は「視覚・画像」による情報処理と「聴覚・言語」による情報処理という2つの異なる情報処理システムを持っているため、学び方も一つではなく複数のチャンネルを用意した方がよいとする考え方です。2つ目は、「処理能力には限界がある」。チャンネルの処理能力には限界があり、処理能力以上の負荷をかけることができないこと。3つ目は、「能動的な学習が成果につながる」。学習者が選択・整理し、既存の知識と統合することで積極的な学びにつながる、とする考え方です。

この考え方に基づきAI(人工知能)といった最新テクノロジーを導入して設計されたのが「UMU(ユーム)」になります。したがって、UMUでは、動画、スライド、音声、写真、イラストなど様々なコンテンツを搭載することができ、学習活動においては、講義、対話、チャット、アンケート、テストといった機能も装備されています。そしてデータの蓄積によりAIが評価、フィードバックすることで効率性を高めるといった仕組みになっています。


■「講師サミットオンライン2021」
400名以上の社内講師や人材育成担当者、フリーランス講師、学校や塾の先生らが集まり、「人材育成」「教育」について学び、討議し、情報交換する場として2008年に始まりました。2020年には1,400名が参加。2021年は、9月17日、18日の二日間完全オンラインで開催します。2021年のセッションテーマは、講師力アップや講師キャリア、人材育成、講師のためのビジネス開発、子どもの教育。日本プロフェッショナル講師協会主催。


■「ブレンディッド・ラーニング」セミナー&パネル討議概要
前半は、「ブレンディッド・ラーニング」の専門家であるユームテクノロジージャパンのビジネスプロデューサー小仁 聡がブレンディッド・ラーニングの概要を解説。後半は、企業での活用事例について実践者であるミキハウスの藤原氏、講師ビジネスの実践者である木津氏と共にパネルディスカッション形式で活用事例、設計方法について内容を深めていきます。

〇セミナータイトル:「ブレンディッド・ラーニング
~事例から知る!新リモート時代の人材育成学~」
〇講師 :小仁 聡(ユームテクノロジージャパン ビジネスプロデューサー)
〇日時 :9月17日(金)13:30-15:30
〇形式 :オンライン(無料)
〇対象者 :研修講師、社内講師

〇詳細と申し込み
https://j-pia.net/summit2021/?fbclid=IwAR2xCnGvOaLbQJxZvWMKUlIHW-1BtmRbYaPZzs3g2V8yig2PiwiC7IassKY


<小仁 聡(こに・さとし)プロフィール>
ユームテクノロジージャパン株式会社 ビジネスプロデューサー
上智大学外国語学部卒。ウィスコンシン州立大学に留学し、チャーター・スクールという公設民営型学校設立に関する「教育行政学」や世界の教育制度の比較を研究する「比較教育学」を学ぶ。千葉県内のフリースクール、学習障がい児の支援などにも関わる。大学卒業後、株式会社ビジネスコンサルタント、アルー株式会社などを経て、株式会社ラーニングシフトを設立。大手企業向けの企業研修事業全般を手掛けてきた。ユームテクノロジージャパンには2018年に参画。100年時代の学びをアップデートするべく、HRテクノロジーを活用した事業開発、組織開発コンサルティングを提供している。上智大学非常勤講師。日本フューチャーラーナーズ協会理事。近著「ブレンディッド・ラーニング」(フローラル出版 2021)


■「UMU(ユーム)」について
「UMU」は、Google社のトレーナーとして多数の受賞実績があるドングショー・リーによって開発された。グローバル本社は、米国ポートランド、2015年創業。
UMUは、AIをはじめとした最新テクノロジーと学習の科学との融合で学習を提供するラーニングプラットフォーム。UMUの名前は、「U(あなた)、Me(私)、Us(私たち)」の頭文字。誰もが講師になり学び合う世界の実現を目指す。マイクロラーニング・ビデオ会議・ライブ配信・AIコーチング等の機能で、双方向性のあるオンライン学習プログラム設計を可能にするシステムを備えている。世界203の国と地域で100万社以上、日本では、日本生命、パナソニック、アステラス製薬、ワコールをはじめとする約1万社以上がUMUを導入。日本の人事部HRアワード受賞多数。


■企業情報
【ユームテクノロジージャパン概要】
名称 : ユームテクノロジージャパン株式会社
本社 : 〒106-0032 東京都港区六本木7-8-6 AXALL ROPPONGI
代表者 : 代表取締役 松田 しゅう平
設立 : 2018年2月9日
事業内容 : インターネットテクノロジーを利用した
ラーニングプラットフォームのUMUの販売
URL : https://umujapan.co.jp/
お問い合わせ: support@umu.co


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング