賃貸住宅市場レポート 首都圏版2012年5月、および関西圏版2012年5月を発表

@Press / 2012年5月25日 10時30分






 不動産評価Webサイト「TAS-MAP」( http://www.tas-japan.com/ )を運営する株式会社タス(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:立野 良太郎)は、「賃貸住宅市場レポート 首都圏版2012年5月」および「賃貸住宅市場レポート 関西圏版2012年5月」を発表しました。
 首都圏版では「年齢別人口分布から見た神奈川県の住宅市場の変化」および「2012年3月期の1都3県賃貸住宅指標(空室率TVI(タス空室インデックス)、募集期間、更新確率、中途解約確率、賃料指数)」を掲載しています。
 また関西圏版では「関西圏賃貸住宅の需給ギャップと空室率TVI推移予測」および「2012年3月期の2府1県賃貸住宅指標(空室率TVI(タス空室インデックス)、募集期間、更新確率、中途解約確率、賃料指数)」を掲載しています。
これらの分析はアットホーム株式会社の賃貸住宅データを用いて行われています。

詳細PDF: 「賃貸住宅市場レポート 首都圏版2012年5月」
     http://www.atpress.ne.jp/releases/27521/1_5.pdf
     「賃貸住宅市場レポート 関西圏版2012年5月」
     http://www.atpress.ne.jp/releases/27521/2_6.pdf

1.首都圏版の概要
(1)年齢別人口分布から見た神奈川県の住宅市場の変化
 東京23区と同様に、神奈川県においても団塊の世代よりも団塊Jr世代の山が高いですが、高さの差は東京23区に比較して小さくなっています。民間借家に居住する65歳以上の単独世帯は約8万世帯あり、平均寿命から推定すると5年以内に約1.5万戸、10年以内に約3万戸、15年以内に約5万戸、20年以内に約8万戸の空室が発生する可能性があることを示しています。また団塊の世代約4万戸がすぐ後に続いていますので、25年以内には12万戸の空室が発生する可能性があります。賃貸住宅の空室率は需給ギャップに相関が高いため、高齢化の進展による空室の大量供給は、空室率の上昇要因となります。神奈川県においても、今後住宅市場に大量の空家・空室が供給されることが予想されます。世帯の少人数化が進行しているため、世帯数の増加は当面継続しますが、60歳以上の人口に占める割合の高い地域(横須賀・三浦地域、西湘地域、足柄上地域)においては、今後の需要と供給のバランスに注意する必要があります。

@Press

トピックスRSS

ランキング