1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

アクティブコア、「ac cruiser」に第三者配信サーバと連動したアドネットワーク分析レポートを提供

@Press / 2012年5月29日 9時30分

株式会社アクティブコア(本社:東京都港区、代表取締役社長:山田 賢治、以下 アクティブコア)は、アクセス解析・広告効果測定ツール「ac cruiser(エーシークルーザー)」の新機能として、第三者配信サーバと連動し、ディスプレイ広告のビュースルーデータやアトリビューションデータに対応するアドネットワーク分析レポートを提供します。

新機能は、第三者配信(アドネットワーク)と広告主サイトの効果測定を統合し、ディスプレイ広告のインプレッションとコンバージョン、およびビュースルーコンバージョン(注1)とビュークリックコンバージョン(注2)を計測します。またコンバージョンに至ったユーザの全流入元の履歴データ(コンバージョンパスデータ)や広告掲載サイトの計測に対応します。これにより、従来のツールでは計測が困難であった「コンバージョンユーザが、どのような経路を辿って、どの掲載メディアの広告媒体に接触し、コンバージョンに到達している」のかを把握することができるようになります。

広告主は、「ac cruiser」を利用することにより、アドネットワーク上で表示される広告掲載メディアの効果を把握することができ、複数の流入元やキャンペーンに接触する行動履歴をユーザ単位で統合分析できるため、ディスプレイ広告をはじめ、ソーシャルメディア、SEO、メルマガなど、マルチチャネルを経由して成立するコンバージョンのアトリビューション分析を容易に行うことができます。

以下、アドネットワーク分析レポートで提供する主な分析項目となります。
1.第三者配信サーバによる広告のインプレッション数、クリック数、直接コンバージョン、ビュースルーコンバージョン、ビュークリックコンバージョンをレポート。
2.広告インプレッションと掲載ホスト、全ての流入元の履歴データをコンバージョンユーザ単位にCSVダウンロード。

アクティブコアは、これまで培ってきた行動履歴分析技術を基に、第三者配信サーバによる広告のビュースルーやクリックスルーデータとWebサイトの効果測定を統合し、お客様のWebマーケティングを支援します。

(注1)ディスプレイ広告の表示に対してクリックしなかったユーザが、別の流入元を経由してコンバージョンに到達した数。
(注2)ディスプレイ広告の表示に対してコンバージョン以前の訪問(セッション)でクリックしたユーザが、コンバージョンに到達した数。

●「ac cruiser(エーシークルーザー)」について
PC・携帯・スマートフォンにおけるサイト訪問者の流入・閲覧履歴と顧客・購買データを統合した、アクセス解析・広告効果測定ツールです。サイト訪問者単位の行動分析により、リスティング広告や検索キーワードやメルマガなど、全流入元を対象としたアトリビューション分析(認知効果・獲得効果・アシスト効果)、顧客軸によるセグメント分析、併買分析や売上貢献度分析、ページ遷移やアクセス解析といったWebマーケティングに不可欠な効果検証を行うことが出来ます。
【製品詳細】 http://www.activecore.jp/service/cruiser/index.html


【アクティブコアについて】
所在地 :東京都港区新橋3-5-10 新三ビル3F
設立  :2005年2月2日
資本金 :1,000万円
代表者 :代表取締役社長 山田 賢治
事業内容:インターネット業務に対する行動ターゲティングソリューションの提供。
     ≪ソフトウェア開発とウェブシステム構築≫
     ・アクセス解析・効果測定サービスの開発およびサービス提供
     ・行動ターゲティング技術の開発およびサービス提供
     ・レコメンドエンジンの開発およびサービス提供
     ・データマイニングシステムの研究・開発
URL   : http://www.activecore.jp/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング