1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

塗るタイプの制汗剤「パースピレックス」聖心美容外科・全国8院にて処方スタート!

@Press / 2012年6月11日 13時0分

パースピレックス
高品質美容医療を通して「より良く生きる(Quality Of Life)」を応援する聖心美容外科(所在地:東京都港区六本木、統括院長:鎌倉達郎、 http://www.biyougeka.com )は、ワキにひと塗りするだけで3~5日間制汗効果が持続、気になる汗やニオイを抑えノースリーブやカラーシャツの汗ジミを気にすることなく過ごせる、塗るタイプの制汗剤「パースピレックス」を、2012年5月1日より聖心美容外科・全国8院にて処方を開始しております。


■簡単ひと塗りするだけで制汗効果長持ち!「パースピレックス」とは?

気温が高くなり汗ばむ季節。ジャケットを脱いだ時や、色移りするシャツなどを着たとき、ワキの汗ジミが気になる方も多いのではないでしょうか。「パースピレックス」は、長時間、効果が持続する新しいタイプの制汗剤です。汗を抑えたい部位(ワキ、手、足)に塗布すると、主成分の塩化アルミニウムが汗腺内の水分に反応。汗腺深部に角栓を作り「フタ」をすることで、発汗を物理的に抑制します。1回の使用で3~5日間の制汗作用があり、毎日塗り直す必要がありません。


<「パースピレックス」5つの特徴>

1.ワキや手足からの汗を、“塗るだけ”でストップ!
汗を抑制したい部位に塗布すると、主成分の塩化アルミニウムが汗腺深部に角栓を形成。汗腺に「フタ」をして、汗の分泌を物理的に抑制します。ワキはもちろん、手のひらや足の裏にもお使いいただけます。

2.ひと塗りで、効果は3~5日間持続!
角栓がターンオーバーで排出されるまでの3~5日間効果が持続。塗り直しの手間なく、仕事やスポーツに集中できます。

3.皮膚への刺激、アレルギーの心配不要!
角栓が形成される際に生じる微量の塩酸を減退させるため、乳酸アルミニウムを配合。皮膚への刺激を防ぎます。

4.男女問わずに使える無香タイプ!
男性にも気軽にお使いいただける無香料。女性のフレグランスの香りも邪魔しません。

5.衣服への色移りの心配なし!
衣服への色移りや白い筋などが残る心配もありません。

<こんな方におススメ!>
・ワキや手足の多汗症、軽度のワキガにお悩みの方
・今までの制汗剤・デオドラント剤では塗り直しが必要な方
・仕事柄、外回りが多い方
・スポーツなどアクティブな趣味を楽しまれる方
・濃い色のシャツやカットソーの汗ジミが気になる方
・ボトックス注射による多汗症治療に抵抗のある方

【第三者機関による臨床試験において、使用ごとに65%の発汗抑制が72時間以上持続することが実証されています。】


※数日間の制汗効果で大丈夫な方には「パースピレックス」を、ひと夏ワンシーズンといった長期の効果をお望みの方には、「多汗ボトックス注射」をおすすめいたします。お気軽にクリニックへご相談ください。

聖心美容外科では、今後も最新の高品質美容医療やサポート製品の導入により、「より良く生きる(Quality Of Life)」を応援。毎日前向きな気持ちを持ち続け、ハツラツと過ごしたいと願う方々をサポートし続けてまいります。どうぞご期待くださいませ。


■「パースピレックス」 製品概要

商品名称:パースピレックス
商品価格:¥4,800-
内容量 :25ml(約3か月分)
発売元 :Riemann A/S(デンマーク)
※購入には医師の処方が必要です。

<主要成分>
・エタノール…………形成された角栓を汗腺内のより深部まで運び維持する。
・塩化アルミニウム…汗に含まれる水と反応し、角化細胞と複合体を形成。
          汗腺の「栓」となって汗腺を一時的に塞ぎ、汗の産生を中断。
・乳酸アルミニウム…刺激を予防しながら、制汗作用を高める緩衝剤として作用。

<使用方法>
●夜のケア
(1)就寝前(※)に、汗を抑えたい部位に「パースピレックス」を塗布。

 ※夜間は汗腺の活動が低下し、「パースピレックス」による角栓が作り易くなります。そのため、就寝前の塗布が効果的です。

(2)塗布した部位を、完全に乾かしてから着衣してください。

●朝のケア
(3)朝、汗とりシートや濡れタオルで拭きます。塗り直しは不要です。

(4)効果が出るまで1週間程度、毎晩(※)塗布してください。
 効果が出始めてからは、週2~3回の塗布でOKです。

 ※敏感肌の方は1日おきに塗布してください。

イラスト1: http://www.atpress.ne.jp/releases/27561/B_2.JPG
イラスト2: http://www.atpress.ne.jp/releases/27561/C_3.JPG


■一足お先に「パースピレックス」体験!
私は長い間、多汗症に悩んでいました。高校時代は、制服が明るい青色だったので汗ジミがすぐ目立ってしまい、ワキパットを使用しても、夏でも常に上着を手放せませんでした。
パースピレックスを使い始めてから3~4週間ですが、効果を実感しています。初めの何日かは少し湿っていましたが、今は、自分の乾いたワキを信じられない気持ちでみています。赤や青の洋服も着られるようになりました。
私の多汗の悩みが驚くほど簡単に解決されたので信じられない思いです。とても満足しています。(20代女性)



■聖心美容外科 ドクター紹介

○統括院長・医師
 鎌倉達郎 (Tatsuro Kamakura)

1964年4月15日生まれ。宮崎県出身。宮崎医科大学医学部卒業。
九州大学医学部附属病院(現 九州大学病院)にて外科全般を習得後、大手美容外科に勤務。その優れた実績を評価され聖心美容外科に。2004年11月統括院長に就任。
豊富な臨床経験を持ちながらも、誠意ある丁寧なカウンセリングや、顔面形成などの高度な技術を要する手術は、特に高い評価を得ている。
2007年11月には「聖心美容外科附属聖心再生医療センター」を開設。
以来、再生美容医療へ精力的に取り組み、「脂肪組織由来幹細胞による豊胸術」では、世界一の症例数を重ねている。
2010年10月には、世界最大の国際的形成外科学会「ASPS(アメリカ形成外科学会)」主催の「Plastic Surgery 2010」にて、日本唯一の講演を行った。
2011年、世界的な形成外科専門誌「Aesthetic Plastic Surgery」に投稿した「脂肪組織由来幹細胞による豊胸術」に関する研究論文が受理、掲載。
[ISSN 0364-216X volume35 number6]。
2011年4月より中国上海院での診療も開始。

日本美容外科学会会員。日本美容外科医師会会員。
日本形成外科学会会員。日本外科学会認定医。
日本再生医療学会会員。日本臨床抗老化医学会会員。
INAMED ACADEMY認定医。日本初の第1号、CORNEAL社公式認定医。
オバジスキントランスフォーメーション認定医。
スレッドリフト研究会会長。
日本臨床医学発毛研究会認定 発毛診療指導医。


○東京院院長
 聖心再生医療センター東京 担当医
 伊藤 康平 医師

神奈川県出身。福島県立医科大学医学部卒業。
福島県立医科大学第二外科にて外科学、救急医療、麻酔全般を習得。美容外科医らしいセンスと誠実な人柄を兼ね備えている。
日本美容外科学会会員。日本美容外科医師会会員。日本外科学会専門医。日本臨床抗老化医学会会員。レスチレン認定医。


○大阪院院長
 聖心再生医療センター大阪 担当医
 寺町 英明 医師

岐阜県出身。岐阜大学医学部卒業。岐阜大学医学部附属病院脳神経外科勤務。
同時に麻酔、救急処置などを習得。外見の美しさはもちろん、患者個人の内面の美しさをも引き出すことを重んじ、信頼を集めている。
日本美容外科学会会員。日本脳神経外科学会会員。日本美容外科医師会会員。日本臨床抗老化医学会員。レスチレン認定医


○福岡院院長
 聖心再生医療センター福岡 担当医
 美原 寿之 医師

大阪府出身。香川医科大学医学部医学科卒業。
香川医科大学形成外科、京都大学医学部附属病院形成外科の医局勤務。患者様の好みを把握し、“なりたい姿”を的確に提案でき、老若男女を問わず信頼が高い。
日本形成外科学会会員。日本美容外科学会会員。
日本美容外科医師会会員。レスチレン認定医。


○札幌院院長
 聖心再生医療センター札幌 担当医
 前多 一彦 医師・医学博士

北海道出身。国立旭川医科大学卒業。
北海道大学医学部附属病院形成外科入局。
総合病院にて形成・美容外科部長を歴任し、医業の傍ら北海道大学大学院医学部研究科で研究に従事。豊富な症例経験に基づく技術力・提案力に定評がある日本美容外科学会(JSAPS/JSAS)会員。日本美容外科医師会会員。日本形成外科学会会員。日本形成外科学会専門医。国際形成外科学会(IPRAS)会員。


聖心美容外科グループ(全9院)※2012年6月現在
~医療法人社団 美翔会(上海院を除く国内8院)~

<聖心再生医療センター併設 全7院>
オフィシャルサイト: http://www.biyougeka.com
●東京院 /〒106-0032 東京都港区六本木6-6-9 ピラミデ2F
●札幌院 /〒060-0005 札幌市中央区北5条西2-5
            JRタワーオフィスプラザさっぽろ15F
●横浜院 /〒221-0835 横浜市神奈川区鶴屋町2-24-1 谷川ビルANNEX7F
●名古屋院/〒460-0003 名古屋市中区錦1-20-25 広小路YMDビル3F
●大阪院 /〒530-0001 大阪市北区梅田3-3-45 マルイト西梅田ビル2F
            (ホテルモントレ大阪)
●広島院 /〒730-0035 広島市中区本通3-10 本通サザン3F
●福岡院 /〒810-0041 福岡市中央区大名1-1-38 サウスサイドテラス4F

<メディカル・スパ併設>
●熱海院(ブレッツァ聖心美容クリニック)
〒413-0011 静岡県熱海市田原本町4-16 伊東園ホテル熱海館1階

<海外>
●上海院(中国上海市)2011年4月開院
上海市長寧区紅宝石路388号4階 聖ミカエル病院内、200366


<聖心美容外科のCSR活動>
カンボジアの子供たちから元気をもらおう!大作戦
聖心美容外科はNPO法人共生フォーラムの活動に賛同し、カンボジアでの学校建設プロジェクトに参画しています。
クリニック窓口では、レンガ1個分〔1,000円〕を1口として、みなさまからのご支援を謹んでお受けしております。(2,000ポイント=1口としてセイシンポイントクラブのポイントもご利用いただけます。)

<NPO法人 共生フォーラムとは>
“共に生きる”を理念に、長寿社会における介護・福祉の知識や技術の共有化を図る各種活動を行っています。聖心美容外科は同法人の支援活動に参画しています。 http://www.tomoniikiru.or.jp

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

イラスト1 イラスト2 鎌倉院長

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング